夏の冷酒もいいけれど

a0024531_9462616.jpg
アサヒビール「プライムタイム」 売れに売れ60万ケース 
■年内販売計画 200万ケースに上方修正
 アサヒビールは27日、6月28日に発売したプレミアムビール「プライムタイム」の累計販売数量が、現在までの出荷分で60万ケース(1ケースは大びん20本換算)を超え、年内の販売目標を100万ケースから2倍の200万ケースに上方修正したことを明らかにした。
 プライムタイムの販売数量は、6月の35万ケースに続き、7月も30万ケースを突破する見込み。プレミアムビールの主戦場であるコンビニエンスストアで売れ行きが好調だ。アサヒビールによるとコンビニのPOS(販売時点情報管理)システムのデータで、発売直後はビール部門で「スーパードライ」に次いで2位に食い込んだという。
 04年3月に飲食店向けに限定して発売したプレミアムビール「熟撰」の今年上半期(1~6月)の販売数量も前年比84%増の30万ケースと好調。7月に入っても前年比8割増のペースを維持している。「熟撰」などを含めたプレミアムビール群合計の販売数量の目標も、当初計画の225万ケースから325万ケースに引き上げた。
 プレミアムビールでは、サントリーの「プレミアムモルツ」が「モンドセレクション最高金賞2年連続受賞」を武器に5月以降の販売数量を伸ばしている。
 しかし、アサヒビールによると、単月の販売数量が「プライムタイム」の30万ケース水準を超えたのは昨年12月と、ギフト商戦に入った5月と6月だけという。
 アサヒは、通年でのシェアトップ奪還の重要商品として「プライムタイム」の拡販に注力。DVDレンタルチェーン大手の「TSUTAYA」や千歳、羽田、伊丹、福岡空港のVIPラウンジ、全日空と日航の機内などでサンプル配布を積極的に行った。
(フジサンケイ ビジネスアイ)


こんな記事見ちゃうと もう飲んでみたくてしょうがなくなるなぁ・・・
今日買って帰ろうっと♪
[PR]

by fuuki-no-botan | 2006-07-28 09:48 | 酒&美味