9連戦お疲れ様でした!

a0024531_11225699.gifセ・パ交流戦 第3Rが終了しました <対:中日ドラゴンズ>
第一戦○ H5-2D  第二戦● H2-3D  第三戦○ H4-2D
二勝一敗で勝ち越しました♪(殆ど試合が見れなかったけど嬉しい)

第一戦は 渚vs憲伸の真っ向勝負で 互いの負けられない気持ちがガチンコな対決
イマイチ本調子とは言えないながらも 渚がなんとか凌いでいたらしい
8回表の攻撃でカブちゃんの折れたバットが脛を直撃してベンチに下がるまで
(これくらいに帰宅しTVをつけた)川上はとても良いピッチングだったようです
繋がらない打線でホークスは苦しみつつ それでも川上のあとマウンドに立った
岩瀬を捉えて逆転すると 7回裏からの細かな継投が功を奏し
最後はファーストストライクがなかなか取れない三瀬店長でしたが 
ズレちゃんの”甘い囁き”効果で(笑) 難なく店終いでした
信心深いバティスタは13日の金曜日なので(?)スタメンを断っていた模様(笑)

第二戦は 中継があまり見れなかったので流れとしてはとぎれとぎれですが
ワッチvs山井の投げあい いやあ毎日すごい投手戦が続きます
途中格闘家に変身してしまったアブドラ・ザ・ズレータが 
デッドボールの後とは言え「いくらなんでもそれはどーなの?」と思えるような
2塁手荒木に飛び蹴り激突を見せてしまい ドラゴンズが抗議のため試合が中断
さらに福留のフェンス直撃のスリーベースヒットの判定が覆り HRとなったために
今度はホークスが抗議に出て2度目の中断 結局9回裏にドラゴンズがサヨナラ勝ち
(この日の夜 スポーツニュースなどで何度もVTRを見ましたがHRには見えませんでした)

第三戦は 倉野vs野口の先発ですが スターティングオーダーの名前に
2番レフトで斉藤和巳が入っていたそうです(笑)これも交流戦の楽しみのひとつ?
この日は 普段なるべく温厚で紳士的な態度を重んじておられる王監督が 
試合前のメンバー交換を棄権すると言った無言の抗議をされたそうです
(やっぱり前日の試合の判定には納得いきませんよね?)
さて 仕事で外に出ていたので試合経過の唯一の頼みはケイタイでの速報のみ
3回まで点を取ったり取られたりでハラハラしていましたが 信心の人バティスタに
打撃の神が降臨したらしく 9回にヒットを打ち追加点を取りリードを広げて
最近ちょっとお疲れ気味ながら三瀬店長ががっちりと店終いしました


なんだかんだと後味が悪い対戦でしたが・・・次回はすっきりと決着をつけましょう!






a0024531_1737460.jpgデッドボールが多いような気がしませんか?
我がホークスの城島も 真面目に投げてるにしては 
尋常じゃない数のデッドボールを食らってるような気がしますし 
他チームですが前カードで オリックス山口から清原が受けた
頭部直撃の投球などは ヘルメットが割れるほどの酷さでした
(写真でも良くわかるようにヘルメットの塗装が飛び散っています)
個人的に巨人と言うチームも清原も嫌いではありますが>正直
こう言った写真を目の当たりにすると いつ大事な若鷹たちが
こんな目に遭わないとも限りませんし 選手生命にも関わり兼ねません

第3Rの西武ライオンズvs読売ジャイアンツの試合は楽しみなカードだったにも関わらず
第二戦で両軍合わせて6つものわっしょいデッドボール祭り(けんか殺法)死球を巡って
ものすごく険悪な状態に突入してしまいました
そして翌日の第三戦などは ついに死球を与えたり危険球と判断された投手は
即刻退場処分になる「警告試合」などと言う異常事態になってしまった

まさか狙って投げているとは思いたくないけど(狙ってる場合もあるらしいが)
いいバッターには内角をするどく攻めたい気持ちはよくわかる でも 
きちんとストライクゾーンに投げられるだけの確かなコントロールがないピッチャーには
内角攻めの資格はないんじゃないかと・・・ぶつぶつ・・・


それにしてもライオンズの涌井君って! 
ルーキーだから怖いもの知らずなのか 松坂に劣らない強心臓なのか 
思い切り良く内角を攻めていたし 球も確かなものだった
末恐ろしい新人が出てきたもんだなぁ
[PR]

by fuuki-no-botan | 2005-05-16 11:49 | スポーツ