繰り回し・始末する

祖母が良く口にしていたこの「繰り回し」や「始末する」 
とっても好きな言葉の一つです
小さい頃に祖母のうちに遊びに行くと 色とりどりの端布でできた
“はたき”が置いてありその綺麗な小布に魅了され 
用もないのにあちこちをパタパタしていたものです^^;
そんな時に祖母はいつも「こげんしてどんな小さか布になったっちゃ 
最後まで始末して使こうてやらんといかんとよ」としみじみと
言って聞かせてくれました

昔 着物はまず着ていくうちに取れないシミや汚れが付くことを前提に 
一張羅の着物は薄色で誂え だんだん濃い色に染め替えて
長い間大切に着ていたものだったそうです
普段の着物は上前が汚れると下前と交換して仕立て換え 膝が抜けると
天地や前後ろに位置を換え 上手に繰り回して使っていました 
浴衣にしても 夏祭りのお出かけ用から寝巻きになり 
最後は赤ちゃんのオムツになりました
着物は直線裁ちで 余分なカッティングをしないので 縫ったり解いたりが
非常にしやすく 全く無駄がないことに驚きます 
衣服にもなり 時には座布団などのインテリア用品にもなり
最後は風呂の焚きつけにもなってしまう 
資源に恵まれない島国ならではのすばらしい知恵の産物とも言えるでしょう 
桑の葉をお蚕が食べ 出した糸を紡いで布を織り着物→布団→はたきへと
布としての役目を果たした後 焚物の道のりを経て 灰になったら
それが桑の木の肥料になる なんてすばらしいリサイクルの循環じゃないの!

増え続けるゴミの処理や 物を大切にしない風潮に悩んでいる
現代社会においてのさまざまな問題を解決する糸口は 
案外こんな先人の知恵の中に隠されているのかもしれません・・・
[PR]

by fuuki-no-botan | 2004-12-20 14:41 | 着物への想い