<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

覚え書き

「生は偶然 死は必然」うん、重みのある良い言葉だ。

誰にも約束された明日なんてないもんね...日々全力♪


オープン戦勝ったから機嫌がいいらしい(笑)


[PR]

by fuuki-no-botan | 2015-02-28 23:31 | ひとりごと | Comments(0)

こんな長くて黒いの・・・初体験!

知人より「ひじき採ってきたけどいる?」と言われ「いる~~♪」と大喜び(^u^)で返事をして、我が家に採れたてのひじきがやってきましたよ。
a0024531_14083063.jpg
じゃーん!!あたし生まれて54年経ちますが、初めて海草の形そのままナマのひじきを見ました...。
第一印象は「ホンダワラ?」夏に海水浴に行くと浜辺に打ちあげられているホンダワラの玉の部分がない感じか。っと思って調べたら、やっぱりホンダワラ科でした。ををぅ遠い親戚みたいなものね☆まずはしっかり洗う、とにかく洗う。細かい砂が結構出るので、1本づつ丁寧に振り洗い。
a0024531_14090039.jpg
ネットって本当に便利で、”ひじき 下処理”などで検索すると、丁寧な解説がいくつかHIT!最初に熱湯で茹でる。熱湯に入れると鮮やかな緑に変わるのは、わかめなんかと同じだわ~。磯の香りと言うより、ビナを茹でた香りに近いなぁー1分ほど茹でて冷水に取る。根元の茶色い部分や堅そうな部分を取り除き、3cmくらいに短くカット。
a0024531_14093787.jpg
カット後、たっぷりの湯に塩を少々入れて1時間ぐつぐつ。煮あがった状態がこちら、茶色くなった。
a0024531_14100908.jpg
茹でた後の汁もかなり茶色です~。ここまでが下処理...結構手間かかるけど面白い^^v
a0024531_14104226.jpg
ここからはいつもひじきを煮るように、ひじき・薄揚げ・こんにゃくの細切り・にんじんをごま油で炒め、水・顆粒だしの素・酒・みりん・しょうゆを加え、30分ほどことこと煮つめる。
a0024531_14122792.jpg
見た目は普通のひじきの煮ものと変わりませんが、このひじきの歯ごたえは何だ?!いつもの乾燥ひじきのようなもっさり感はまるでなく、ぷりぷり・コリコリした感触は茎ワカメの細切りみたい~美味しい美味しい♪

下処理方法をマスターしたので、次からは安心して貰えるわ~またちょうだいね(笑)

[PR]

by fuuki-no-botan | 2015-02-12 14:38 | 酒&美味 | Comments(2)

言われてみれば、そんな気が・・・

今朝「所さんの目がテン!」でやってた「科学の力でアイドル作れるか?第3弾」が面白かった。

ヒットするメロディの法則は、パッフェルベルのカノンの伴奏“カノン進行(カノンとジーグ ニ長調)”にあり、伴奏の和音を分解して左手の指一本で奏でると、「ド・シ・ラ・ソ・ファ・ミ・ファ・ソ」の繰り返しになると言うもの。例として演奏された「レット・イット・ビー」などなるほどね~と。んで、ふと頭を流れた「恋するフォーチュンクッキー」のサビ部分もそうだよね?計算しつくされていたのかぁ~恐るべしAKB48(笑)。それで、番組内で作られ完成した曲がなかなか良かったんだよね~。番組HP内で限定公開中だそうです→「遠いけど、ただいま。」
[PR]

by fuuki-no-botan | 2015-02-01 15:52 | エンタテイメント | Comments(0)