<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

鷹のエース2

あの会見以来、自分の中で何かを吐き出さないと、胸が苦しくて息ができない気分になる・・・

昨日も試合を見た、寺原が投げて試合は負けた。新聞やwebの見出しには、良く”味方の援護なく敗戦”などと書かれるが、個人的にはそうじゃないと思っている。和巳は言っていた「自分が先に点を取られなければ、負けることはない」と。その気概こそが味方の援護を、ファンの後押しを呼ぶのだと。俺の投げる試合は負けない!そんなオーラを全身から放ち、和巳はマウンドに立っていた。「応援の足らんけん負けた」などと和巳に思わせてはいかん!と応援した。それこそ力の限り応援した。そんなファンの熱い、いや、もはや暑苦しいと思えるほどの想いもがっちりと背負い、和巳は投げてくれていた。

和巳の投げる試合は、いつも幸せな気分になれた。勝ち負けだけじゃなく、心を震わせながら応援することができた。酔い痴れる・・・そんな幸せな感覚を味わわせてくれる投手だった。
[PR]

by fuuki-no-botan | 2013-07-31 11:02 | ホークス | Comments(0)

鷹のエース

初めてマウンドに立つ姿が”美しい”と思った投手だった。190cmを超える身長、端正な顔立ち、そんな容姿もさることながらエースとしての責任と勇気を纏いマウンドに立つ魂がこの上なく美しかった。勝率7割を超える絶対エース、それが斉藤和巳。

和巳の投げる試合は負ける気がしなかった。思い返しても和巳が勝って吠えてるイメージばかりなのに、一番印象に残っているのは、あの札幌の1戦。だからこそ、心からもう一度マウンドに立つ和巳の姿が見たいと切望してきたのに、残念でならない。

悲しくて眠れない夜を過ごしたのは、何年ぶりだろう・・・。
[PR]

by fuuki-no-botan | 2013-07-30 05:28 | ホークス | Comments(1)