<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

たくさんのありがとうを

生まれた時から同居していた伯母(実父の姉)がお星様になりました

結婚わずか半年で夫が招集され そのまま戦死してしまったために伯母には子供がなく
一緒に住んでいたあたしや弟 弟が結婚してからは義妹もその子供達も本当に心から愛し
たくさん可愛がってくれていたものでした

葬儀の時は喪服を着た 着物を着るときにこんなに寂しい気持ちになったのは初めての事
それでも悲しいだけじゃなく溢れるくらい感謝の気持ちを込めて見送ることができたのは
たぶん いつもあたしが着物を着ると伯母がとても喜んでくれていたからだと思う

心からたくさんのありがとうを そして本当にお世話になりました
[PR]

by fuuki-no-botan | 2007-11-29 12:02 | ひとりごと | Comments(22)

美しくカッコイイ♪

a0024531_11402324.jpg
ロータリースポーツカーを暗示させる流麗なフォルムが特徴の「大気」。水素ロータリーエンジンをハイブリッド化した「プレマシー・ハイドロジェンREハイブリッド」の2台がワールドプレミア。来春発売が予定されている「アテンザ」のフルラインアップが見られるブース構成になっています。

<TAIKI(大気・たいき)>「空気の流れが目に見えるデザイン」をコンセプトに、空から舞い降りてきた羽衣のイメージを具現化したというコンセプトカー。Cd値は0.25を達成。空力特性も優秀だ。


東京モーターショー特集2007で見かけたMAZDA車 かっこいいなぁ~
[PR]

by fuuki-no-botan | 2007-11-21 11:47 | エンタテイメント | Comments(6)

神様 仏様になる

朝 いつものように早朝ウォーキングから帰ると ダーがTVを見据えたままフリーズしていた
あまりに突然なことで言葉もありません ご冥福をお祈りします

鉄腕稲尾和久さんが急死、突然の悲報
 鉄腕が逝った。元西鉄ライオンズの投手で、同球団や太平洋クラブ、ロッテの監督を務めた稲尾和久氏が13日午前1時すぎ、悪性腫瘍(しゅよう)ため福岡市内の病院で死去した。享年70。稲尾氏は10月30日、福岡市内の病院に入院。検査を続けてきたが、この日、容態が急変し帰らぬ人となった。現役時代は日本シリーズ3連覇の立役者になるなど活躍し、ユニホームを脱いだ後も球界の発展に寄与。しかし最近は体調を崩し、マスターズリーグの福岡ドンタクズ監督、沢村賞の選考委員などの職から離れ、静養していた。

 突然の悲報だった。10月末に入院し、検査を続けていた稲尾氏だが、容態が急変して、13日午前1時すぎ、悪性腫瘍(しゅよう)のため帰らぬ人となった。当初は1週間程度の検査入院の予定だったが、検査でも病名が特定できず、医師との相談の上、当面の仕事を控えることを決めていた。日刊スポーツの評論家活動をはじめ、地元福岡のテレビ局の出演、すでに開幕したマスターズリーグの福岡ドンタクズ監督の職、名球会の仕事などから離れていた。西鉄時代に「鉄腕」と呼ばれた右腕も病魔には勝てなかった。

 現役時代は、まさに伝説の連続だった。西鉄に入団した56年ルーキーイヤーで21勝、防御率1・06で新人王に輝くと、その年から3年連続日本一に貢献。58年の日本シリーズでは巨人に3連敗しながら、稲尾の4連投で4連勝。奇跡の逆転日本一の主役を演じ「神様、仏様、稲尾様」と呼ばれた。57年から3年連続30勝以上、61年にはシーズン最多タイの42勝、57年には20連勝の最多連勝記録を打ち立てた。日本プロ野球界の歴史に大きくその名を残し、プロ野球ファンの心に大きな印象を残した。先発として、中継ぎとして、連投して勝利する姿は、まさに「鉄腕」そのものだった。

 69年引退後は、西鉄、太平洋の監督を務め、78年から中日の投手コーチ、84年から3年間はロッテの監督も務めた。ユニホームを脱いでからは、評論家として野球界の発展に寄与。93年には野球殿堂入りを果たし、名球会の会長代行も務めるなど、精力的に活動を行っていた。
 昨年11月23日には、福岡市内のホテルで「プロ野球人生50周年記念パーティー」を開いた。ソフトバンク王監督ら詰め掛けた球界関係者ら約500人から祝福を受け「まだまだ元気でいたい。孫たちが野球選手になってほしいけど、せめてキャッチがきちんとできるくらいは頑張りたい」と話していた。

 また、今年10月2日、大分・別府市に「稲尾記念館」が開館。記念館が入っている別府市民球場の落成式に出席し、元気な姿を見せていた。記念館には寄贈のユニホームや表彰盾などが展示され、自らの投球フォームのブロンズ像を除幕した稲尾氏は「これを見た子供がまねしてくれれば」と喜んでいた。自分を育ててくれた地元別府市に「第2の稲尾」が育つような環境づくりにも全力を注いでいた。

 日本が生んだ鉄腕。「神様、仏様、稲尾様」と呼ばれる伝説の投球を生んだ九州福岡の地を愛した右腕は、天国へと召され伝説の人となった。

稲尾和久記録アラカルト

 ◆通算成績 14シーズン(56~69年)756試合276勝137敗。3599投球回、防御率1・98、2574奪三振

 ◆プロ野球記録 最優秀防御率5回、シーズン最多勝利(61年42勝)、最多連続勝利(57年20連勝)

 ◆パ・リーグ記録 最多勝4回、ベストナイン5回、シーズン最多登板(61年78試合)、シーズン最多投球回(61年404回)、シーズン最優秀防御率(56年1・06)通算最多シーズン20勝以上8回など

 ◆タイトル 最高勝率2回(57、61年)、最優秀防御率5回(56~58、61、66年)最多勝利4回(57、58、61、63年)最多奪三振3回(58、61、63年)

 ◆表彰 新人王(56年)、最優秀選手2回(57、58年)、ベストナイン5回(57、58、61~63年)、最優秀投手2回(57、58年)連盟特別表彰2回(57、61年)

 ◆日本シリーズ 出場4回(56~58、63年)18試合登板、防御率2・45。通算最多の完投9回、11勝。58年MVP

 ◆監督成績 通算8年10シーズン(70~72年西鉄、73年前期~74年後期太平洋、84~86年ロッテ)431勝545敗64分け、勝率4割4分4厘。最高成績は84、85年のロッテ2位。

 ◆殿堂 93年に競技者表彰で野球殿堂入り。
(日刊スポーツより)
[PR]

by fuuki-no-botan | 2007-11-13 14:33 | スポーツ | Comments(10)

おたんじょうび

hito兄におめでとう~って言ってもらいました
【お誕生日】 ぼたん姉ぃさん 【おめでっちょー♪】 a0024531_1611419.jpg
お誕生日も47回目になると自分が嬉しいと言うよりも
みなさまのお陰で生き永らえてます♪って言うことがすごくありがたく感じます

ここを訪れて下さったすべての皆様にたくさん嬉しいことがありますように☆
[PR]

by fuuki-no-botan | 2007-11-12 16:16 | ひとりごと | Comments(36)

来年が待ち遠しいね(鬼が笑う?)

中嶋一貴がウィリアムズ正ドライバー昇格
a0024531_15575976.jpg
デビュー戦だったブラジルGPでは ピットクルーを跳ね飛ばすなんてやんちゃをやっちまって
どうなることやらと心配してたんだけどフル参戦決定おめでとう!!

ぱんちゃん Tバック重ね穿きありがとうでした♪
[PR]

by fuuki-no-botan | 2007-11-08 16:01 | スポーツ | Comments(6)

本能

女性の7割、男性の香りにクラッ!?(YAHOOニュースより)
本文中に「ふとした瞬間に男性からフレグランスの香りがして思わずドキッとしてしまうことがあるますか?」の質問に、14.6%が「よくある」、52.7%が「たまにある」と回答。「彼氏以外の男性のフレグランスの香りに引かれたことは?」の問いには、19.4%が「よくある」、48.9%が「たまにある」と答えた。さらに「フレグランスや香りがきっかけで相手の男性に好意を抱いたことは?」と問いに対しても、「YES」と回答した人が27.8%いた。と記述があるんだけど「味覚は記憶」と言われるように「嗅覚も記憶」に大きく左右されることがあって 街中でふと昔の男の香りがして思わず視線が彷徨ったりした経験もある

見た目ワイルドな男から♂度マンマンの香りがすれば 猛然とナニかが立ち上がりそうな気になるし(ぉ 繊細なタイプから♀度高いたおやかな香りがすれば それはまた押し倒したい衝動にかられるし(ぇ
そんなイメージ通りの時もあれば 意外なギャップ萌え度も高い香りの効果を
おねいちゃん相手に試してみてはいかがでしょうか 男性のみなさん?
a0024531_14393110.jpg
画像のフレグランス なんとなくイメージが高橋涼介な感じ(cv:子安武人)
[PR]

by fuuki-no-botan | 2007-11-07 14:42 | ひとりごと | Comments(14)

好悪の感情だけで

あのシビレルほど良かった日本シリーズでの落合監督の采配を
いろいろと面白おかしく煽っているマスゴミ達のあり様はこのさい置いといて っと

ずっと不思議に思っていたことは
「なんで岩瀬はもっと褒められないんだろう?」

あの53年ぶりの日本一がかかった大舞台で 先発が8回までをパーフェクトなんて
前人未踏なすばらしいピッチングを披露した後で ビビラないやつは居ないと思う
百戦錬磨の岩瀬と言えども監督の信頼を一身に背負い ファンの期待と想いを背負い
キン○マなんか一気に体内に収監されたであろうと思われるあの状況で
守護神と言う称号を与えられている誇りと最後を託されたことを意気に感じて
堂々とマウンドに立ちはだかりパーフェクトで抑えきったクローザーを
もっともっと褒める記事があってもいいんじゃないのか?とずっと思ってた

昨晩「うるぐす」を見ていた時に落合監督が「あの状況で3人できっちりと抑えた岩瀬は
もっと賞賛されてもいいと思ってます」と発言された時に
あーこの人本当にいいチームを作り上げたんだな~選手達幸せだよな~と
やっと胸に痞えていた何かがストンと落ちた気がした
[PR]

by fuuki-no-botan | 2007-11-05 09:32 | スポーツ | Comments(8)