カテゴリ:手芸( 18 )

日焼け防止は人だけじゃない!

パソコンテーブルの下に置いてる、昔懐かしカラーBOX。お気に入りの手芸本とか華道関係の本とかを入れていたんだけど、そのまま晒していたので背表紙が焼けちゃってて(涙)ってことで、たまたま休みになった昨日、奮起して目隠し&日焼け防止に暖簾状のものを作ってみましたよ~。
a0024531_11040876.jpg
古布は「いつか何かに使うかな?」と思って買っていた帯を解き、仕切りに合わせて3分割のものにしてみました。程良く切れの幅と合ってるところが作り易かったです。
a0024531_11044151.jpg
そのままだと布地が薄いから、ペラペラした感じになるので、裾にビーズをあしらってみました。これでちょっと重みがついて程良い具合になりました♪あ~久しぶりにチクチクしたら楽しかったぁ(でも老眼なので目は辛いのだ)
[PR]

by fuuki-no-botan | 2015-05-10 11:15 | 手芸 | Comments(0)

着道楽?

何だか着々と衣装持ちになりつつある うちの愛娘ちゃんでありますが(笑)
先日の試作を経て 二着目のおべべができました☆
a0024531_20261699.jpg
やっぱマチはこの幅がジャストのようですね~ちょっとレトロな柄にしてみました

ちなみに一着目のおべべは 練習用の三味線に掛けていた袋を洗濯したら
レーヨン縮緬だったためにサイズが縮んでしまったの~と嘆いていらした
お師匠さんのトコにお嫁に行きました

肝心の長唄のお稽古は 荒城の月→かぞえ唄→さくらさくら と経て
絵日傘に挑戦中 イントロがある曲になったわ♪
[PR]

by fuuki-no-botan | 2008-04-27 20:29 | 手芸 | Comments(6)

年女記念 と言うわけじゃないけれど

2.3年前から着物仲間の音路さんと「習いたいねぇ」と言い続けては 
なかなかきっかけが掴めないまま ずっと始められなかった三味線でしたが
今回同じ着物仲間で日本舞踊をやっているshoukouさんの紹介でステキなお師匠さんと巡りあい
ついにこの4月から念願のお稽古を始めてみました♪
ド素人でものを知らない と言うのは異常なエネルギーを間違った形で放出するもので
早速家で練習するためにヤフ○クで三味線をGETして・・・
取り合えず皮が張ってあったらいっかーみたいなノリで無謀にも手に入れお師匠さんに見てもらい
部品が足りないトコとか修理が必要なトコとか数箇所を直しに出していただき
(結局落札価格の1.5倍くらい修理費がかかった)
なんだかんだでも嬉しくて嬉しくて 毎週土曜日の午後お着物を着て通うこと3回

まだまだ全然気持ち悪い音しか出ませんが 楽しくってしかたありません
現在 荒城の月→かぞえ唄 を経て さくらさくら に挑戦中です

さて無事修理を終えて手元にやってきた愛娘の三味線ですが 当然そのままでは裸ン坊
早々におべべを作ってあげました
a0024531_11135062.jpg
試作品1号 元は羽織だったものを解き作ってみました
マチの部分がやや大きかったな~とかもうちょっと紐は長目がいいか?とかあれこれチェック
「おまえーそんな事より練習やろ?」とダーに苦笑されつつも 気持ちは早くも2枚目のおべべに(笑)
[PR]

by fuuki-no-botan | 2008-04-21 11:23 | 手芸 | Comments(18)

ワクワクするぅ~♪

パリの手芸材料店「ラ・ドログリー」が九州初の路面店-インキューブから移転

 インキューブ(福岡市中央区天神2)内にあった手芸材料店「la droguerie(ラ・ドログリー)」福岡店が4月18日、大名の路面へ移転・リニューアルした。経営は、和装小物の製造卸などを手がける久保商事(京都市中京区)。

 「出来上がった商品を販売するのではなく、オリジナルを作ってもらう楽しさを理解してほしい」(同店広報担当の河本佳子さん)というコンセプトで、日本では同社が15年前に京都店をオープンした。今回の移転の決め手は、「ファッションビルが近く、福岡のメーンの通りである西通りだったから」(河本さん)と立地の良さを挙げる。 

 新店の店舗面積は40坪。内装は、カラフルな商品を目立たせようと木目調で統一。什器もパリの本店と同様のものを使用し、本店の雰囲気を再現したという。


 店内には、ボタン、ビーズ、リボン、毛糸など手芸の材料約16,000アイテムをそろえ、好みで材料から選べる。毛糸は以前のインキューブ店の約3倍の品ぞろえになった。材料がセットになったアクセサリーをはじめとするキット(1,800円~)も用意するほか、ボタン(1個80円~)、ビーズ(スプーン1杯120円~)、リボン(10センチメートル~)、毛糸(10グラム130円~)など、少量から購入できるのも同店の特徴。客単価は3,500円を見込む。

 河本さんは「『アリババの洞窟(どうくつ)』のような、ドアを開けると鮮やかな色が飛び込んでくるような店内。作り方も簡単なものばかりなので、楽しみながら作ってほしい」と話す。初年度売り上げは7千万円を見込む。

 営業時間は11時~20時。


最近チクチク熱が再燃し始めて お三味線の袋や撥入れや天神にかける保護袋とか
いろいろ作りたいな~と思ってた矢先のこの記事 いきゃ~ん☆早速帰りに覗いてみよう
[PR]

by fuuki-no-botan | 2008-04-18 13:18 | 手芸 | Comments(8)

なんてステキ♪

いつも独創的で美しいビーズ細工を見せてくれる じぶん日記 の55aiaiさんが
とっても秋らしい帯留を作っていました
a0024531_15194739.jpga0024531_1518765.jpg







ね ステキでしょー?


秋の夜長に向かって 手作り熱がふつふつと湧いてきました・・・
[PR]

by fuuki-no-botan | 2004-09-06 15:19 | 手芸 | Comments(2)

本番まであと3日!

博多っ子の血が騒ぐ 博多祇園山笠のクライマックスまで
いよいよあと3日となりました(フィナーレの追い山は15日未明です)
a0024531_059.jpg


各飾り山の画像
[PR]

by fuuki-no-botan | 2004-07-12 00:06 | 手芸 | Comments(1)

トン・ツー・トン・ツーツー(完成報告)

6月の始めから がんばって編み続けた「ビーズ半衿」
やっとこさ完成しました こんな感じです
a0024531_74928.jpg

全体の着姿が取れなかったので 記述でコーディネートを

長襦袢 : 本麻の白、手製の半衿
長着  : 夏お召(大きな矢羽模様)
帯   : 白地に黒の献上独鈷柄
帯揚げ : 薄紫の絽
帯締め : 濃い紫の三分紐、九谷焼の帯留め
足袋  : 白
履き物 : 白木の右近下駄、組紐の鼻緒(裏梵天)

全体の着姿は 来週撮ります
[PR]

by fuuki-no-botan | 2004-07-11 07:50 | 手芸 | Comments(4)

あらいぐま根性大会(結果発表)

魔法の手?

まだ少し色落ちするんだそうですが 完成です
いよいよ浴衣の形になっていくんですね~
[PR]

by fuuki-no-botan | 2004-07-01 22:59 | 手芸 | Comments(1)

仕上がりが楽しみです^^

只今、水洗い作業中!

先日トラックバックした”綿反折り5時間耐久レース” いよいよ染めの段階になったそうです
今回は”染料あらいぐま根性大会” 青い色が出なくなるまでなんと20回以上も水洗いを繰り返すのだそう・・・
[PR]

by fuuki-no-botan | 2004-06-25 11:05 | 手芸 | Comments(1)

強力なライバル出現?!

先日 もうすぐ完成予定の「ビーズ半衿」をご紹介しました
すると・・・
着物仲間 きものばなし屋 拙者支店 の諒ちゃんも編み始めたそうです
a0024531_232018.jpg

を!”よろけ縞”です なかなかやるなっ☆
[PR]

by fuuki-no-botan | 2004-06-19 23:21 | 手芸 | Comments(8)