カテゴリ:生活( 140 )

毎年のことながら・・・

この時期のデパート特設コーナーの熱気は異常だ、と毎年書いている気がするが。

ブースとブースの間の通路は、離合できないほどに込んでいて、身体ごと突進しなければ、お目当てのブランドのショーケースにも近寄れやしない(はふぅ)。それでもチョコ大好きなダーのために(本当は自分のご褒美チョコのために)足を踏まれようとも、肘鉄を食らおうとも、勇猛果敢に攻めてようやくGETしたこれ。a0024531_16383857.jpg

ベルアメール
と言う日本のブランドだそうで、
食べ物なのに一目惚れ♪(笑)




大人向けにはこんなのも・・・
[PR]

by fuuki-no-botan | 2009-02-13 16:42 | 生活 | Comments(10)

マンモスだぁ~~~(ぇ

ギャートルズ肉再販
a0024531_1585835.jpg

はじめ人間ゴン:“骨付き”「ギャートルズ肉」、2月9日「肉の日」に限定発売

「ギャートルズ肉」のモデルとなった骨付き肉をほおばるゴン(c)そのやま企画/ぴえろ 故・園山俊二さんのマンガが原作のアニメ「はじめ人間ゴン」に登場した骨付き肉を商品化し、2週間足らずで1300本が完売した「ギャートルズ肉」が「肉の日」の2月9日、「エスケー食品」(神戸市西区)の販売サイトで再販されることが分かった。「肉」をもじった2929本の予約限定販売。1本2079円から。

 同アニメは、架空の原始時代を舞台に、原始人の子供「ゴン」と相棒でゴリラの「ドテチン」がさまざまな騒動を巻き起こすという物語。同社企画室の菅野大輔さんが、ゴンが骨付き肉をおいしそうにかぶりついている場面が忘れられず、08年夏に「ギャートルズ肉」を企画。アニメ版の制作会社「ぴえろ」(東京都三鷹市)とライセンス契約を交わして開発した。

 肉と骨の大きさの関係から、国産ブタのあばら骨にオーストラリア産牛肉を巻きつけて焼き、冷凍して商品化。電子レンジで温めると、温める際に外側と内側の温度に大きな差ができてしまうため、蒸気穴付きの「せいろパック」を封入、温めた後に6分間蒸らして、中まで温かい「ギャートルズ肉」が完成する。企画から約4カ月かかったという。


2月9日の「肉の日」から再版される「ギャートルズ肉」(c)そのやま企画/ぴえろ
 08年11月に1300本限定で販売したところ、わずか2週間足らずで完売。反響も上々といい、菅野さんは「この『ギャートルズ肉』で、多くの人が子供のころの夢をかなえてもらえれば」と話している。
(毎日JPより)

特に肉好きと言う人じゃなくても、一度は「かぶりついてみたい!!」と思ったことがあるだろうこの骨付き肉。商品名が”ギャートルズ肉”ってのが、何ともストレートで心憎い☆
予約受付日を忘れないようにしなくちゃね!!

エスケー食品
[PR]

by fuuki-no-botan | 2009-02-02 15:11 | 生活 | Comments(8)

ぜーんぜん楽しくねぇじゃんよー

独り寝の寂しさも"カバー"する!? 「オッサンの抱き枕カバー」(日刊サイゾーより)

a0024531_17541613.jpg
声も出ず、握ることも出来やしない(ぇ、こんな男もどきを抱いて満足なんかするかいって(笑)
しかも着衣のままじゃないかよっ←怒りの矛先はそこですか?
どこかにスイッチが内蔵されていて、それを押すと極上の囁きが聞けるくらいのオプションは
欲しいところ。クルーニー仕様の小山力也さんとか、高橋涼介仕様の子安武人氏とか♪
そしたら即、跨r・・・(止めなさい)

でも~この絵の雰囲気からすると、声は石塚運昇さん(イニDで豆腐屋の親父な人)なんかぴったりかもーだけど。
[PR]

by fuuki-no-botan | 2009-01-28 17:55 | 生活 | Comments(16)

慣れないと怖いもんだ

北国の方から見るとたいした量じゃないんでしょうけれど、この白いヤツに慣れてない地方の人間にとっては、こんな降りでも結構ビビるものなんです・・・。
a0024531_828506.jpg
もうね、おぎゃあーーーー!!とナニが生えそうな(ぇ、イキオイで真っ白なんですよ~外がっ!

昨晩は雷のオマケつきだったけど、気になって(っつーか半分ワクワクして←子供かよ?)4時ごろ目が覚めた時に外を見たときは、かなり溶け出してたからちょっとがっかりしてたんだけど、
今頃になってまた降ってる降ってる♪
今日は2月8日の三味線お弾き初め会の合わせ稽古の予定なんだけど、一緒に弾いてくださる予定の兄弟子が、日田の山中からやってくる方なので、この雪では無事に博多まで到着するのか心配になってきました。大丈夫かなぁ~・・・
[PR]

by fuuki-no-botan | 2009-01-25 08:33 | 生活 | Comments(6)

強い味方、だったのに・・・

a0024531_15211698.jpg本格的入浴剤の製造中止 硫化水素自殺騒動の影響で


小さい頃から汗かきっ子だったあたしには、これと天花粉は夏の必需品だったのに(涙)。
大きくなってもやはり汗疹ができたときにはお世話になっていた。
来年の夏からどうしたらいいんだろうか?
[PR]

by fuuki-no-botan | 2008-11-26 15:21 | 生活 | Comments(2)

んで食材はどこで手に入れるんだ?って話

睾丸料理のレシピ本、インターネットで発売(ロイター)
[GORNJI MILANOVAC(セルビア) 7日 ロイター] セルビアのシェフ、Ljubomir Erovicさんが、睾丸(こうがん)を使った料理を紹介した「The Testicles Cookbook」(睾丸料理ブック)をインターネットで発表した。
 副題として「睾丸の調理法」と付けられたこのオンライン本は、価格が約6ポンド(約1000円)。ローズマリーやタイム、バジルなど、多彩なスパイスと合わせて料理するレシピが掲載されている。睾丸料理の材料となる動物は、牛、豚、羊、馬、カンガルー、ダチョウなど15種類にも上る。
 睾丸には男性ホルモンが豊富に含まれ、性的不全を治す効果があると考えられている国もある。また、古代ギリシャでは、戦いの前に羊の睾丸を食べると強くなると信じられていたという。


普通に食する習慣がある国なら問題ないけど いざ日本で食べたい(食べたいのか?)となると
お肉屋さんで「牛のキン○マくださ~い」とは言い辛い・・・^^;
[PR]

by fuuki-no-botan | 2008-10-08 16:50 | 生活 | Comments(24)

合わせ稽古

三味線を習い始めて5ヶ月 やっとこ三味線らしき音が出るようになりました
そんなヨチヨチ歩きのひよっこですが いよいよ今度の日曜日がお浚い会です
今日は一緒に習い始めた着物仲間の音路さんと最終の合わせ稽古をしました
曲目は「絵日傘」と「藤の花」の2曲 真剣にお稽古しているわけですが
何故だか笑いが絶えない先生のお宅(笑)三味線の音より笑い声のほうが響いてる?
a0024531_22535315.jpg
いえいえちゃんと真面目にお稽古しましたよ~(音路さんの証拠写真つき)

ってなことで9月7日の日曜日 こんなひよっこの演奏でも聴いてやるぞ!と言う
奇特な方がいらしたらメール・メッセージ・鍵コメにてお知らせください
追って詳細をご連絡します なお手旗信号・のろしは目が悪いので見えません(ぇ
[PR]

by fuuki-no-botan | 2008-09-02 22:56 | 生活 | Comments(8)

夏 到来!

a0024531_13545218.jpg
追い山でフィナーレ 博多祇園山笠が閉幕(西日本新聞 特設ページ)

例年「山笠が終わると梅雨が明ける」と言われる博多ですが 今年は梅雨明けが早かったので
夜明けの神事としては非常に暑い中で行なわれることになった

今年の追い山 一番山の大黒流
毎年一番山にだけ与えられる お櫛田さんの清道を一回りしたところで博多祝い唄を歌う名誉
逸る気持ちのままどうちゃらこうちゃらに唄って走り出す山を過去にいくつか見たことがあるが
今年の大黒流は「きちんと唄う」ことを心がけていたそうで 清道を一周するとぴしゃっと山を止め
台上がりが一礼した後 周りにいた他の流のものも整列してから”祝いめでた~の~”と始まった
桟敷席の観客も一体となって厳かに歌う「祝いめでた」は山笠が単なるお祭りではなく
奉納神事だと言う事を改めて噛み締めると共に 高ぶる気持ちをぐっと抑えて静かに歌う
大黒流の姿にとても感動した 

もちろんあたしもTV前で正座をし心を込めて唄いました
[PR]

by fuuki-no-botan | 2008-07-15 14:14 | 生活 | Comments(6)

50年の歳月

今月金婚式を迎えた両親を祝うため 29日は親戚が寄り集まっての小宴をしました
博多の祝い事に欠かせない引き出物の「春冠(しゅんかん)」 飾りのついた蒲鉾です
a0024531_1051317.jpg

昨今の宴席では洒落た洋菓子やカタログ引き出物が主流になりつつありますが
こんな伝統的な引き出物も良いものです このままで食べても美味しいし
蒸し器でふかし直して食べるとまた格別の味わいが楽しめます 酒の肴にもってこい♪
地元で”さいもんさん”と親しみを込めて呼ばれる西門蒲鉾特製のセットでした
[PR]

by fuuki-no-botan | 2008-04-30 10:58 | 生活 | Comments(10)

さぁ あと一週間になりました

「ハァ〜イ、全国の女子高生のみなしゃ〜ん」(byボヤッキー@八奈見 乗児)
と言うわけでじょしこーせーだけじゃなく元:女子高生のおばちゃんも
幼稚園の年少さんも倦怠期を迎えた更年期のマダムも
1年に一度の勝負の日が刻々と迫ってまいりましたよ~うん菓子メーカーの陰謀の日が

ってことで勝負!と言えばこれでしょうね
[PR]

by fuuki-no-botan | 2008-02-06 10:28 | 生活 | Comments(18)