「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:スポーツ( 123 )

錦織クンお疲れ様!

a0024531_16552674.jpg
錦織圭になりた~い♪そんな人のための試算が出てました(笑)
日刊ゲンダイ「全豪4強逃すもブーム過熱 “なりきり”錦織はいくらかかる?」
・ラケット=ウイルソン「BURN95」(3万9000円)
・シューズ=アディダス「バリケード2015」(1万5000円)
・ストリング=ウイルソン「錦織圭チョイスプレミアム」(5000円)
・シャツ=「ドライEXポロ」(3990円)
・ショートパンツ=「ドライショートパンツ」(3990円)
・キャップ(1990円)
・リストバンド(790円)
・ソックス(790円)

いやぁ~4回戦惜しかったなぁ・・・仕事中だったからフルに見たわけじゃないけど、錦織クンの良さがあんまり出せてなかったね。それでも「手も足も出ない」的な負け方じゃなく、ミスが少なかったら勝機はあったように見えた。昔サンプラスが出てきた頃みたいに、こんなバケモノみたいなサーブを打たれちゃねぇと、まるで別次元の話のような感じじゃなくなってきてる実感がある。テニスの世界でこんなワクワク感を感じることができる事が幸せだ~~錦織くんお疲れ様、次はてっぺん取ろう!


[PR]

by fuuki-no-botan | 2015-01-29 17:04 | スポーツ | Comments(0)

オフロードモンスターですと!

a0024531_16193631.jpg
Gクラスをベースとした軍用車などの特殊車両技術を投入した6輪駆動のオフローダー。サイズは、全長5795×全幅2185×全高2368(mm)、車両重量は4100kg(※欧州仕様参考値)と“オフロードモンスター”の名にふさわしい巨大ボディをもつ。エンジンは最高出力544ps/最大トルク760Nmを発生する、5.5L V型8気筒直噴ツインターボを搭載。トランスミッションには7速AT(AMGスピードシフトプラス)が組み合わせられる。昨年の日本向け生産枠は5台で、価格は8000万円。(東京オートサロン2015より)
[PR]

by fuuki-no-botan | 2015-01-17 16:22 | スポーツ | Comments(4)

いろいろともの思う

FA権を行使して移籍する選手たちについては 新天地でがんばれ!
個人的に10年も1球団にお礼奉公させられる現行のシステムは
もはや時代錯誤だと思っているし そんなに長くない選手生命の中で
新しいことにチャレンジしていく気持ちは応援したい
たとえ贔屓の選手であっても残りの人生が充実したものであって欲しいから
この事で思わぬチャンスが巡ってくるかもしれない他の選手たちは
強欲に狙っていけよ!プロの世界と言うのはそうゆうもんだ

スポーツや芸能の世界では「親の死に目にあえない」と良く言われる
これは一個人としては非常に辛いことだと思うのだけれど
ある意味このくらい腹を括って打ち込まなければ一芸に秀でる事はできないものかもしれない
大会をキャンセルして帰国した彼女には そこまでの覚悟がなかったと言うことか・・・
いつも”あと一歩”が届かないのもまぁうなずける
[PR]

by fuuki-no-botan | 2011-12-09 17:42 | スポーツ | Comments(1)

高橋君に捧げる♪

日本男子には今までなかったフェロモン系の
君が目指す次のステージはこれだ(笑)


(れいこちゃん!ご紹介thanks)
[PR]

by fuuki-no-botan | 2010-02-20 09:56 | スポーツ | Comments(13)

快挙!

フィギュアの高橋、男子初の銅メダル(時事ドットコム)
a0024531_15341949.jpg
あーーー早くVTRが見たいっ!!
[PR]

by fuuki-no-botan | 2010-02-19 15:38 | スポーツ | Comments(2)

最近ハマっているもの



レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ(Red Bull Air Race World Series)は2003年にレッドブルの企画で始まった飛行機パイロットによる国際シリーズの総称。巨大なロードコーン型風船を障害物(エアゲートと呼ばれる)とし、規定の手順で通過するタイムを競う。時速370km/h、最大負荷12Gという過酷な環境に耐え得る強靭な肉体と、飛行機を正確に操る技術力と集中力が求められる。

本レースは予選のタイム順で2回行われる。2回のタイムで最高記録のタイムで勝者を決める。障害物への接触や規定に満たない方法での通過に対してはタイムにペナルティが課せられる。順位に応じてポイントが与えられ、最終的にポイントが一番多く獲得した者がその年のチャンピオンとなる。
(Wikipediaより)
[PR]

by fuuki-no-botan | 2009-09-11 14:52 | スポーツ | Comments(2)

強ぇーーっつか怖ぇぇぇーーーー!!

魔裟斗が真っ向勝負でDREAM川尻を撃破(スポーツナビ)
a0024531_9482215.jpg
試合前は静かな闘志って感じだった魔裟斗なんだけど 殴りだしたらもう凄ぇの!!
全身から「ゴォォォォォォ」ってSE付きでオーラ(ってか殺気?)が
立ち上るような圧巻の強さマジ怖ぇ んでいい躯してんだな~コレが(涎)
[PR]

by fuuki-no-botan | 2009-07-14 09:55 | スポーツ | Comments(0)

美しい人

最近良く見るCMだけど、上野選手の指先ってこんな動きをしてたのね!

[PR]

by fuuki-no-botan | 2009-04-24 10:32 | スポーツ | Comments(6)

一途な想い

WBCの決勝をリアルタイムで見られなかったので、帰宅後J-SPORTSの再放送(?)で堪能・・・
のはずだったんだけど、特番とかもやってるしあちこちが気になって、リモコン片手に右往左往

それにしても結果を知っていてもなお、鳥肌が立つプレーの応酬って!!!
リアルで観てたみなさん達の心臓が良く持ったもんだと(笑)
自分だったら胃に穴の2.3コ開いてた気がする壮絶な試合だったなぁ。

んで試合内容を詳しく書こうと思ってたんだけど・・・か・・書けない・・・

なんかもう、力みすぎての脱力と感極まった高揚感と、難題山積の中で掴んだ2006年の事とか
いろんな事が頭をグルグルしてしまって、ただ泣けるばかりで文章にならない。

V2と言う重いプレッシャーのかかる第2回大会も、監督の選考から難航したり、
出場辞退の選手がいたりラジバンダリ、いろんな事があった。
本戦が始まっても、なかなか調子が上がらないことで、あのイチローですら「心が折れていた」
とまで口に出してしまうほど。ボヤッキー爺vsJOHの場外乱闘もあったよな。

ルンバな采配や選手起用などに関しては、決して不満が無かったわけじゃないけれど、
あのスター軍団のメンツで、一歩間違えば誰もがオレオレになりがちな個性と
プライド高いメンバーを良く纏め上げたよな~と言う点では、原監督は適任だったと思う。
良くも悪くも一途、これは王:前監督もそうだけどここぞと言うところはテコでも動かない。
調子が上がらないイチローに批判が向きかかると「心中する覚悟」とコメントを出し、
優勝後も「もっといい監督ならたくさん点を取らせてあげられたと思う」と言ってしまう。
天然なんだか案外したたかなんだか分からないけれど、正直で純粋な人だと思った。
この邪気の無さから来る一途な想いこそが、メンバーとの距離を近いものにし、チームとして
しっかりと目標に向かって邁進した原動力だったかもしれない。

「勝利の女神ってヤツがどこかに居るとしたら そいつを感動させるだけの”何か”が
今日のおまえにはあったってことだろう」(by 頭文字D)
内川のあのスライディングキャッチはまさにこれだった!!こんな凄いプレーしたのに
惚れない女神は見る目ないと思ったもん(笑)

シャンパンファイトでは、松坂や岩隈はもちろん「重い」と言われながらJOHも胴上げされ、
ブルペンキャッチャーも胴上げされ、最年少の田中まー君は足蹴にされ(笑)
イチローのインタビューに割り込むムネや、びしょぬれのTシャツから飛沫が飛ぶほど
がっちりと抱き合う岩村とイチローとか(笑)本当にいいチームだったんだな~と思えて
心底笑顔になれたと同時に、もうこのメンバーでの試合を観ることはないんだと残念な気がした。

ともあれ、3年前にあの苦境の中で初代チャンピオンに輝き、栄光への道標を指し示して下さった
王顧問が帰国後の会見で「野球界に生きてきて良かった」と言うようなコメントを出された瞬間
安堵とともにどっとまた、涙が溢れ出た。
[PR]

by fuuki-no-botan | 2009-03-26 17:55 | スポーツ | Comments(7)

勝利の女神が微笑んだ!!

a0024531_15462092.jpg
                                          Photo by SANSPO
侍JAPANが連覇達成!!嬉しすぎて仕事になりません(涙)

詳細は帰宅後ゆっくりと試合を見てから書こうっと

まずは原監督はじめコーチ・スタッフ、そして死力を尽くして戦ったメンバーに大きな賛辞を♪
おめでとう二連覇!!
a0024531_1133311.jpg
                                              Photo by 毎日JP
[PR]

by fuuki-no-botan | 2009-03-24 15:52 | スポーツ | Comments(10)