まさかの敗退!

a0024531_1310351.jpg今年のオリンピックは何が起こるかわからない
空前の金メダルラッシュの中で 
間違いないと評されていた
柔道の井上康生はメダルにかすりもしなかった
敗者復活戦でもいいとこなく負けてしまった
[PR]

by fuuki-no-botan | 2004-08-20 13:10 | スポーツ | Comments(5)

Commented by 異邦人 at 2004-08-20 22:25 x
 1回戦から康生は危ないと思って見てました。相手を威圧するような気
 が全く感じられず技の掛かりも中途半端でした。
 いろんな原因はあるでしょうけど(重圧や怪我の回復の遅れなど)
 五輪直前の合宿でもなかなか調子が上がってこなかったといわれて
 いました(本人の慢心はまずないとは思いますが)。

 シドニーのときとは全くの別人のようにも思えました。畳の上でも
 何か気の抜けたビールのような感じもしました。
 阿武の金でまだ救われましたが、康生には
 北京で100kg超級(旧無差別級)で今回の屈辱を熨斗をつけて
 絶対に返してほしいです。(五輪の為に最近寝不足気味です)
Commented by ぼたん at 2004-08-21 09:47 x
異邦人さん:確かに超級で金を取った鈴木に比べると顔つきが違ったって言うか
目に力がありませんでしたよね>康生
塚田の金は”あれれ?”って感じの押さえ込みでしたね その前の投げを打たれた時点で
負けた・・・と思ったんですが 勝ってよかった 同じく寝不足しかも今日出勤です(涙)
Commented by 異邦人 at 2004-08-22 00:41 x
 ぼたんさん
 康生は鈴木に2つの国際大会で連続して負けているんです。
 同じ相手に連敗することは今までの彼にはありませんでした。
 今朝のスポーツ紙や前日の夕刊紙には康生はもしかすると
 オーバーワークまたはオーバートレーニングだったのではないか?
 と書かれていました。

 周囲からの期待は熱いものがありましたし悔しさからつい
 身体の限界を超えた練習をやってしまったため本人の意思とは別に
 体のほうが先にダウンしてしまったのかもしれません。
 ひどくなると精神異常をきたすこともあるとのことです。

 塚田はあと体が30度ほど倒れていたら1本取られていましたね。
 彼女は康生の大学の後輩で会社も同じですから何か期すべきものが
 あったのかもしれません。先輩を慕っていた彼女ですからね。
Commented by fuuki-no-botan at 2004-08-22 18:53
異邦人さん:五輪代表で出てくる各国の選手達は みんな世界のトップレベルの人たちなので
勝敗はその人その時の”気迫”で決まるような気がします
康生にとっては辛いアテネになりましたが 次回の北京では是非リベンジを期待してます
Commented by 異邦人 at 2004-08-24 09:08 x
 確かにそうですね。ツネ・ジョンイルのようなハッタリ屋とは違って
 「ここまでくるために自分はこれだけのことをしてきたんだ」という
 しっかりとした自信があってそれが選手のプライドになるのでしょうね。
 そのプライドが選手の気迫となって溢れてくるのでしょう。

 100kg超級で金メダルを取った鈴木選手から早くも康生に対して
 挑戦状が突きつけられましたね。康生と鈴木そして今回代表には
 漏れた棟田この3人でしのぎを削って100kgと100kg超級とを
 支えて北京に向かってほしいですね。今の状況なら康生はもう
 心配は要らないのではないかと思います。