微妙に当たってるかな?

myauちゃんちの一年目の手紙にTバック穿き♪

ぼたんさんの恋人からお手紙が届きました。

--------------------------------------------------------------------------------

今日で付き合って1年。あっという間だったね。
ということで、今日ぐらいは真面目に手紙でも書こうかと思った次第です。
おれにしては珍しい試みだけど。

とはいえ、何から書いたらいいだろう。
そうそう、ぼたんっていっつもデート中に万引き防止のセンサーに引っかかるよなぁ…(笑)。
わざわざ記念日に書くようなことじゃないか(笑)。この話はやめよう。

この前、結構激しい喧嘩になったよね…。会話の流れで、ぼたんが「好きな人できたら別れていいからね」って言ったんだよな、おれに。それでおれが怒った。ぼたんは、別れても自由が手に入るし、おれの代わりもたくさんいるって思ってるよね。ぼたんは何気にモテるし。その余裕というか突き放したところが、おれからするとイラっとするんだと思う。おれのことはどうでもよさそうというか…。

ぼたんってさ、単に自由人で何も考えていないのか、おれから逃げようとしてるのか、いまいち掴めないよね。楽しそうに生きてるけど、おれがいるかいないかはあまり関係がない気がする。…とかうじうじ言ってるから面倒くさいのか。冷たい感じはしないし、ぼたんって男からすると人気があるのは分かるんだよね。でもいざ付き合ってみると、雲みたいにフワフワとしていて、いつ消えてしまってもおかしくないとも思う。今は、付き合っている感じがしなくて、遠い。

てか、記念日のわりに内容がひどいな…。話題が暗すぎる…。
よし、良い方向に話を変えよう。

なんだかんだ言って、おれはぼたんには感謝してるんだ。
ぼたんは、色で言えば濃いオレンジなんだよね、おれにとって。一緒にいて楽しいだけじゃなくて、理解のある暖かい感じが混ざっている。赤でも黄色でもなくオレンジ。その存在自体がおれのエネルギーになってきたと思うし、おかげでこの一年間は充実していたと思う。

ぼたんが言っていた「一日一日を大切にして、結果としてずっと一緒にいられるといいね」ってセリフをおれは今でも大事に心に留めているから、おれも初心をそのままにこれからも一緒にいようと思う。ぼたんの気持ちがあのときのままだと嬉しいんだけどな。

これからもたくさんの壁に当たると思うけど、一つ一つ乗り越えていこう。あ、あと、友達に「彼氏はものまねレパートリーが数百種類ある」とか吹くのはやめてくれ(苦笑)。おれ、カイヤの真似しかできないだろ。

では、これからも末永くよろしく。ぼたんがいてくれてよかったよ。ありがとう。

P.S.おれの部屋に来るたびに「痩せた子供の霊が隅っこで見てる」とか言うなよ…。

--------------------------------------------------------------------------------
ちなみに万引センサーにつかまったことはありません(笑)
高校時代に私服外出(化粧付き)で補導されたことはあります
霊は見ないタイプだけど、デジャブは結構あったりするか・・・

やってみたい人は→ポチッとな





ぼたんさんについての分析結果は以下の通り。

--------------------------------------------------------------------------------

【こんな問題ありませんか?】
◆独特の世界観があり、男性からすると手に負えない感じがする。
一人で生きていけそうに思われる。それはあまり間違ってはいない。
◆パートナーがほしいのに、彼氏が「息子」になってしまうことが多い。
【分析と課題】
例えば男性に振り回されるタイプとか振り回すタイプとか、そういう分類があるとしたら、ぼたんさんはその次元にいません。ぼたんさんはただ自分らしく独自の世界を生きているだけで、それについていけない男性たちはぼたんさんのことを手に負えません。ですからぼたんさんは魅力的ですが、決して「万人にモテる」という感じではないでしょう。「高嶺の花」とも少し違うかもしれません。宇宙人に近い自由人、といったところでしょうか。

ぼたんさんはいい意味で、しがらみやコンプレックスの少ない女性だと思われます。パートナーがいたほうが充実感があるでしょうが、一人でいてもぼたんさんは充実した時間が過ごせるものと思われます。平均的な女性に比べて、わりと寂しさに強いほうでもあると思われます。

いい意味で自立したぼたんさんは、男性をいつのまにか甘えさせていくことでしょう。尊敬し合えるパートナーであってほしい男性が、いつのまにか「息子」になってしまい、自分が「母親」になってしまうのではないでしょうか。これはぼたんさんにとって不本意な形だと言えるでしょう。

ぼたんさんは、自分を充実させることには長けているのだと思われます。しかし、人に自信や勇気をつけたり成長を促したりすることには、まだまだ足りていない部分があるようです。「あげまん」こそがぼたんさんのこれからの課題なのかもしれません。
【恋愛キーワード】
「柔軟」「自信」「いたわり」「相手いらず」「ポジティブ」「お笑い担当」
【最後に】
ぼたんさんは、あまり恋愛に困っていないかもしれません。普段の生活が充実している様子が、ひしひしとぼたんさんからは感じられます。少なくとも「恋愛はどうにでもなる」ぐらいの自信はひそかに持っているかもしれません。

そんなぼたんさんに何かをおすすめするのは気が引けるのですが、是非聞いてほしいことがあります。

ぼたんさんは、これまでいろいろな方面において「人並み以上」でいられたのではないでしょうか。ものごとの吸収が早く、恋愛でも紆余曲折の中で成長しながら、とても賢い生き方をしてきたのではないかと思われます。

しかし「恋愛」というのは、経験こそすれ、まだ学習したことがないのではないでしょうか。あれこれ考えたことはあっても、恋愛についてはあまり体系立てられた考え方を持っていないのではないでしょうか。まだまだぼたんさんには「恋愛」という分野において成長の余地があると思います。

すでに素敵なぼたんさんにも、さらなる進化のために、是非我々と恋愛学習に取り組んでほしいのです。恋愛マスターに近いポジションにいるからこそ、是非おすすめしたいのです。必要はありません、しかし、必ずやプラスになると思っています。

--------------------------------------------------------------------------------------------
なんか異様に当たってる気がする赤字の部分
事実うちのダーは前世であたしの息子だったと、確信を持って言い切ります(笑)

よしっ!目指せあげまん♪
[PR]

by fuuki-no-botan | 2009-04-23 19:53 | ひとりごと | Comments(2)

Commented by panchan1121 at 2009-04-24 18:57
濃いオレンジねぇ・・・ ふんふん。
Commented by fuuki-no-botan at 2009-04-28 11:29
ぱんちゃん:”濃い”ってわざわざ付いてるトコが、なんだか暑苦しいね~あたし