博多長茄子

博多は盂蘭盆なので8月13日の夕方に キビガラでお迎え日を焚いて
ご先祖様をお迎えします
お盆が近くなると この博多長茄子と呼ばれるとてもとてもなが~い茄子が出回ります
a0024531_2344483.jpg

直径は普通の茄子とほとんど変わりませんが 何せ長さが40cm強くらいあり
身がとてもしっかりしています でも皮が軟らかいので
このまま一塩して浅漬けでもOK
お盆には この長茄子と瓜・結び昆布とで「あちゃら漬け」なるお漬物のような
酢の物のようなものを作ります
祖母が作る「あちゃら漬け」はとても美味しく お盆が来るのを
楽しみに待っていたものですが
あたしにレシピを伝授することなくあの世に持っていってしまったので 今は自分の
舌の記憶だけを頼りに 祖母を思い出しながら毎年チャレンジしています
[PR]

by fuuki-no-botan | 2004-08-06 23:53 | 生活 | Comments(4)

Commented by pinkyj211 at 2004-08-07 08:37
あちゃら漬けってはじめてききました。おいしそうですね~。
お盆の時だけなんですか?
ところで、このコメントを書いているときに、おとなりのぼたこさんが、
動いたので、びびりました・・。
Commented by aradas at 2004-08-07 13:47
あれ?ナスの先っちょに置いてあるのはタバコですか?本当に長いですねー。長すぎです!!
「あちゃら」ってどういう意味なんでしょう?あちゃら漬け食べてみたいです。
Commented by ぼたん at 2004-08-07 21:21 x
pinkyちゃん:この長茄子と瓜が揃うのが お盆近くだけなので
あちゃら漬けはこの時期しか作らない
検索してみたら 蕪とか大根とかでも出来るらしいけど作った事ないわ
Commented by ぼたん at 2004-08-07 21:24 x
aradasさん*そうそう♪長さをわかっていただくのにタバコの箱を置いてみました
「あちゃら」の語源は→ペルシア語achar(漬け物の名前)が、ポルトガルに渡りasharとなって南蛮貿易時代(16~17世紀)に日本に入ってきました。
また、「あちゃらこちゃら」の様々な材料を入れるから、あちゃら漬けという説もあります。
と書いてありました♪