Milton Banana Trio

a0024531_14175445.jpg1. イパネマの娘
2. プリミチーヴォ
3. サマー・サンバ
4. プリマヴェーラ
5. ナナン
6. ジェット機のサンバ
7. ミーニャ・サウダーヂ
8. 彼女はカリオカ
9. サンボウ・サンボウ
10. ノア・ノア
11. 無意味な風景
12. サンブルース

気温の上昇と共に恋しくなる南方面の音楽だが、昼間っから気だるいボサノヴァは聴きたくない・・・
そんな時にオススメなのがMILTON BANANA TRIO。

ミルトン・バナナ 1936年リオ・デ・ジャネイロ生まれ 本名:アントニオ・ジ・ソーザ
なのに何故バナナ?かと言うと、ブラジルではバナナが好きな人を軽くからかって
ニックネームにする習慣があるらしい。


音のジャンルとしてはむしろJAZZに近いアレンジでありながら、非常にノリが良く軽い仕上がり。
さすがはカリオカ、爽やかな潮風が香るような心地良さがたまらない。
アルバムのオープニングは名曲「イパネマの娘」から始まるが、普段ダラリとしたヴォーカルものの
イパネマを聴き慣れている耳には、えっ?こーんな軽快な曲だったっけーとびっくりするほど。
もう1枚「コパカバーナの誘惑」と言うお薦めアルバムもあるのだが、こちらはキュートでセクシーな
女性コーラスが入った楽曲が多く、ちょっと色っぽい気分の時にどうぞ。

これから夏に向けて、恋人とのドライブや仲間同士のバーベキューにも、
是非お供に連れて行って欲しいバナナ君、一本いかが?←なんかヤラしいな(笑)
[PR]

by fuuki-no-botan | 2008-06-19 14:14 | エンタテイメント | Comments(2)

Commented by orchidvillage at 2008-06-19 15:44
A Haha・・・そうですね(^^。
Commented by fuuki-no-botan at 2008-06-23 10:37
orchidvillageさん:ちなみにバナナは500円以内のおやつには含まれません(お約束)