神様 仏様になる

朝 いつものように早朝ウォーキングから帰ると ダーがTVを見据えたままフリーズしていた
あまりに突然なことで言葉もありません ご冥福をお祈りします

鉄腕稲尾和久さんが急死、突然の悲報
 鉄腕が逝った。元西鉄ライオンズの投手で、同球団や太平洋クラブ、ロッテの監督を務めた稲尾和久氏が13日午前1時すぎ、悪性腫瘍(しゅよう)ため福岡市内の病院で死去した。享年70。稲尾氏は10月30日、福岡市内の病院に入院。検査を続けてきたが、この日、容態が急変し帰らぬ人となった。現役時代は日本シリーズ3連覇の立役者になるなど活躍し、ユニホームを脱いだ後も球界の発展に寄与。しかし最近は体調を崩し、マスターズリーグの福岡ドンタクズ監督、沢村賞の選考委員などの職から離れ、静養していた。

 突然の悲報だった。10月末に入院し、検査を続けていた稲尾氏だが、容態が急変して、13日午前1時すぎ、悪性腫瘍(しゅよう)のため帰らぬ人となった。当初は1週間程度の検査入院の予定だったが、検査でも病名が特定できず、医師との相談の上、当面の仕事を控えることを決めていた。日刊スポーツの評論家活動をはじめ、地元福岡のテレビ局の出演、すでに開幕したマスターズリーグの福岡ドンタクズ監督の職、名球会の仕事などから離れていた。西鉄時代に「鉄腕」と呼ばれた右腕も病魔には勝てなかった。

 現役時代は、まさに伝説の連続だった。西鉄に入団した56年ルーキーイヤーで21勝、防御率1・06で新人王に輝くと、その年から3年連続日本一に貢献。58年の日本シリーズでは巨人に3連敗しながら、稲尾の4連投で4連勝。奇跡の逆転日本一の主役を演じ「神様、仏様、稲尾様」と呼ばれた。57年から3年連続30勝以上、61年にはシーズン最多タイの42勝、57年には20連勝の最多連勝記録を打ち立てた。日本プロ野球界の歴史に大きくその名を残し、プロ野球ファンの心に大きな印象を残した。先発として、中継ぎとして、連投して勝利する姿は、まさに「鉄腕」そのものだった。

 69年引退後は、西鉄、太平洋の監督を務め、78年から中日の投手コーチ、84年から3年間はロッテの監督も務めた。ユニホームを脱いでからは、評論家として野球界の発展に寄与。93年には野球殿堂入りを果たし、名球会の会長代行も務めるなど、精力的に活動を行っていた。
 昨年11月23日には、福岡市内のホテルで「プロ野球人生50周年記念パーティー」を開いた。ソフトバンク王監督ら詰め掛けた球界関係者ら約500人から祝福を受け「まだまだ元気でいたい。孫たちが野球選手になってほしいけど、せめてキャッチがきちんとできるくらいは頑張りたい」と話していた。

 また、今年10月2日、大分・別府市に「稲尾記念館」が開館。記念館が入っている別府市民球場の落成式に出席し、元気な姿を見せていた。記念館には寄贈のユニホームや表彰盾などが展示され、自らの投球フォームのブロンズ像を除幕した稲尾氏は「これを見た子供がまねしてくれれば」と喜んでいた。自分を育ててくれた地元別府市に「第2の稲尾」が育つような環境づくりにも全力を注いでいた。

 日本が生んだ鉄腕。「神様、仏様、稲尾様」と呼ばれる伝説の投球を生んだ九州福岡の地を愛した右腕は、天国へと召され伝説の人となった。

稲尾和久記録アラカルト

 ◆通算成績 14シーズン(56~69年)756試合276勝137敗。3599投球回、防御率1・98、2574奪三振

 ◆プロ野球記録 最優秀防御率5回、シーズン最多勝利(61年42勝)、最多連続勝利(57年20連勝)

 ◆パ・リーグ記録 最多勝4回、ベストナイン5回、シーズン最多登板(61年78試合)、シーズン最多投球回(61年404回)、シーズン最優秀防御率(56年1・06)通算最多シーズン20勝以上8回など

 ◆タイトル 最高勝率2回(57、61年)、最優秀防御率5回(56~58、61、66年)最多勝利4回(57、58、61、63年)最多奪三振3回(58、61、63年)

 ◆表彰 新人王(56年)、最優秀選手2回(57、58年)、ベストナイン5回(57、58、61~63年)、最優秀投手2回(57、58年)連盟特別表彰2回(57、61年)

 ◆日本シリーズ 出場4回(56~58、63年)18試合登板、防御率2・45。通算最多の完投9回、11勝。58年MVP

 ◆監督成績 通算8年10シーズン(70~72年西鉄、73年前期~74年後期太平洋、84~86年ロッテ)431勝545敗64分け、勝率4割4分4厘。最高成績は84、85年のロッテ2位。

 ◆殿堂 93年に競技者表彰で野球殿堂入り。
(日刊スポーツより)
[PR]

by fuuki-no-botan | 2007-11-13 14:33 | スポーツ | Comments(10)

Commented by utako at 2007-11-13 15:37 x
ほんとうにびっくりしました。あまりにも突然で…。検査入院のはずだったんですね。まだまだお若いのに。あの柔和なお顔が拝見できなくなるかと思うと、とても淋しいです。ご冥福を心からお祈りいたします。
Commented by MISTAKER at 2007-11-13 16:33 x
自分もほんとびっくりしました。今朝、自分ちのBBSに訃報が書き込まれたとで初めて知ったとですよ。読んだとたんに「げえっ~!」って叫んでしもーたです。何日か前までテレビで元気やったろうが~て信じられんやったです。王長嶋と並びきるとは稲尾しか居らんですもんね。ほんとに型の崩れん大投手やったと思います。
ほんのさっきまで、RKBの「今日感テレビ」ば見よりました。良か追悼番組になっとりました。司会の川上が笑いながらも、なんとか涙をこらえとるとを見て、ちょっとじーんと迫ってくるもんのありましたです。
別府の稲尾記念館(知らんやったです)に行ってこんといかんですね。
Commented by heizou8823 at 2007-11-13 17:20
本当にびっくりしました。
全然信じられません。ずっと元気とばかり思ってました。
逝くの早過ぎです。一緒にホークスの優勝を見られると思ってたのに・・・
Commented by hanazono at 2007-11-14 10:18 x
驚きました、と同時に悲しみが沸いてきました。日本シリーズで3連敗の後、ジリジリと追い上げて来てゲームが3対3になり、もう一ゲーム稲尾に投げてほしい、ほしいけど、とてもじゃないが、こう続けては無理ってもんだろうと、フアンはギリギリ、ジリジリしてたら、なーんとその日に雨!!!!、ゲームは中止、翌日に変更、!!!ワァーッ これで稲尾さん、一日休めるから大丈夫投げられるー、と。 で その通りになつて逆転優勝。!!
仕事場は、てんで仕事が手につかず、引き出しにトランジスターラジオをしのばせてこっそり聞いてました。勝つた瞬間、皆つい大声
で勝つたあー と 言つたものだから、ラジオきいてたのがばれてしまつた、と言う事がありました。「神様仏様稲尾様」で、もう福岡の街は気狂いでした。私はそれからやがてカナダに移住しましたが、あの時の興奮は今でもよみがえつて来ます。彼の御冥福を心からお祈りもうし上げます。
Commented by しも1 at 2007-11-14 14:40 x
恰幅がよくていらして、まさか病魔に襲われているなんて...
信じられないですね、まだ
Commented by fuuki-no-botan at 2007-11-21 11:50
utakoさん:びっくりしたねぇ~前々からお具合が悪かった話も聞かなかったし ついこの間まで元気に解説をしてらしたのに(涙)ご冥福をお祈りします
Commented by fuuki-no-botan at 2007-11-21 11:51
MISTAKERさん:鉄腕が旅立った後 王監督が鉄腕を引き当てた今年の大社ドラフト 何か意味深いものを感じます
Commented by fuuki-no-botan at 2007-11-21 11:53
れいこさん:あの厳しくも暖かかった稲尾の目(コラム)がもうみられないんだと思うと寂しいです
Commented by fuuki-no-botan at 2007-11-21 11:55
hanazono姐さん:あの歓喜と興奮の時間をリアルに体験されているんですね 羨ましいです それこそ実父あたりから耳にタコができるほど鉄腕稲尾の話は聞かされて育ちましたから
Commented by fuuki-no-botan at 2007-11-21 11:56
しも1さん:お元気そうに見えましたものねぇ~ドンタクズの試合も去年観に行ったのに 残念です