年上のひと

a0024531_833738.jpg

ベートーヴェン:熱情・ワルトシュタイン・テンペスト


今までベートーベンの楽曲と言うのは 誰が演奏しようと暗く重苦しいものだと思っていたのに・・・眉間に皺が寄ってないベートーベンを初めて見ましたみたいな感じ
   
ちょっと意外にチャーミング?

と感じたのは 普通ベートーベンを弾くに当たっては背景や時代 彼の思想などを読み解きながら理解し咀嚼しようとするのがセオリーだとすると サイは一生懸命ベートーベンを”口説きおとしてる”ように聴こえるのだ
若い情熱を迸らせながら「好きだ!好きだ!好きだーーー」とffで迫ったかと思うと 髪を指で梳きながら「ねぇこのまま一緒に居てもいい?」などと耳元で優しくタラシな台詞を吐くが如く繊細なpp部分を奏で 何とか振り向いてもらいたくてがんばっちゃってる様子が なんとも微笑ましく甘酸っぱい
演奏の合間に聴こえてくる彼の「ん~ぅ」とか「あぁ・・・」とか呻きとも喘ぎともつかない声すら 想いが届かないことで身悶えしている様子に思えなくもない

だがこの気位が高く美しく かつとても臆病な年上の人は 憎からず思っていても素直な態度には出てくれず なかなか手の内には堕ちてくれない
それでも熱愛のままストレートに想いをぶつけてくる年下の人に ちょっと絆されて気が付けば眉間の皺が消えていた・・・(次回につづく)

このアルバムはここで終わった感じでした

この後 若き彼が駆け引きを覚え この難攻不落な年上の人をどうやって自分のモノにしていくのかが非常に気になるところである
[PR]

by fuuki-no-botan | 2007-03-04 08:35 | エンタテイメント | Comments(4)

Commented by バルおばさん at 2007-03-04 22:43 x
始めてコメントします。
着物好きな方のブログにしてはあらゆる方面にわたって面白い記事ばかり。まさか韓国の男性→女性の記事まで網羅とは…。
また訪問させてください。
Commented by fuuki-no-botan at 2007-03-06 14:26
バルおばさんさん:初めまして ようこそ屋敷へ♪
着物と手芸とお花の優雅な屋敷(のつもり)です^^; これからもご贔屓に☆
Commented by nice68 at 2007-03-07 20:02
続いて続いて!
直球で荒い彼レポ!
Commented by fuuki-no-botan at 2007-03-08 09:27
niceたん:何故だかこの人のCDだけはレビューが書きたくなるんだよねー
次はモーツァルトかな・・・