訃報

a0024531_1675850.jpg

例の不祥事が続いてからは絶対に見るもんか#と腹を立てている国営放送ですが
その国営放送の中で好きだった番組「お江戸でござる」
その中でいつもきちんと江戸好みの着物を着て 江戸時代の風俗や慣習などをわかりやすく
解説していた杉浦日向子さんが亡くなられたそうです

自分と変わらない位の年代の訃報はがっかりしますね・・・ご冥福をお祈りします
[PR]

by fuuki-no-botan | 2005-07-25 16:10 | ひとりごと | Comments(31)

Commented by yukun45 at 2005-07-25 16:21
ほんと、僕も訃報欄の名前みてびっくりしてしまいました。
あの独特なしゃべり方が・・・
ご冥福をお祈りします。
Commented by 天竺堂 at 2005-07-25 16:24 x
ナンシー関、中島らもに続く「私の死んでほしくなかった人」ですねぇ。残念。
Commented by tabasamum at 2005-07-25 16:24
ええっ、まだお若いように見えましたが…
ご冥福をお祈りいたします。
Commented by cha2@パティ at 2005-07-25 17:04 x
「豪華客船で世界一周」しているんじゃなかったのですか?!
残念ですね、とっても。
Commented by かお at 2005-07-25 17:05 x
ショック、、、

確か、江戸関係はもう引退、とかなんとかで、
お江戸でござるに出演されなくなって、
あの解説コーナーはほんとにおもしろかった。
大好きでした。
あの江戸時代関係の知識が、、、もったいない、、、。
ちょっと色っぽい江戸漫画もほんとうに良かった。
”江戸”が本当に好きなんだなあと思わせる、
細かい細かい描写。
帰宅したら追悼して再読しますー。
Commented by choyushi at 2005-07-25 18:03
はじめまして。TBさせていただきました。
『お江戸でござる』は見た事がないんですが、江戸の事を書かれている著作は大好きで読んでいました。堅苦しくなく、江戸を身近に感じられる文体と内容が大好きでした。
Commented by 55aiai at 2005-07-25 18:08
あんなに詳しい方も珍しいですよね。きっと好奇心旺盛な方だったんでしょうね。。
ところで姉の住むNYでは日本のテレビをまとめて放送したりするらしいんですが、そのプログラムの中に「お江戸でござる」が入っていたらしく、子供たちも小さい頃から見ていたようです。
Commented by kkei_10 at 2005-07-25 20:51
最近いくつか本を読んでファンになったばかりなのに。
Commented by antelope01 at 2005-07-25 22:43
さっきヤフーのトップで知ってショックを受けてたところ。
私は高校の頃に「百物語」に出会って、あと記事にも書かれてる「お江戸でござる」を楽しみに見てたのに…
お年を聞けば、まだまだこれからの方。

きっと今頃、あちらでお江戸の方々と粋な会話を楽しまれてるのでしょうね。
…そう思わないと、やるせなくて。。。
Commented by yamamotoyk at 2005-07-25 22:58
ショックです。悲しいです。
本買って読んだばっかりだったし。
お江戸でござるも解説の所だけ見てたのに・・・
極楽で日本酒片手においしいおそば食べてください。 合掌
Commented by かお at 2005-07-26 10:31 x
追記
新聞記事によると、荒俣宏と半年だけ結婚してたとか。
すごい!やっぱりすごいんだ。杉浦日向子!!!
ふたりの会話をのぞいてみたかったーーー
Commented by 異邦人 at 2005-07-26 10:50 x
 本当に残念ですね、あの番組は全て生放送で
 やっていましたから、彼女の受け答えは結構
 アドリブもあったと聞いています。
 コントの間違いの指摘も楽しみの一つでした。
 それでもイヤミにならなかったのは彼女の人徳かも…

 元々漫画家だったという経歴にも驚きましたね。
 蕎麦や日本酒にも造詣が深かったのを覚えています。
 心からご冥福をお祈りいたします。
 
Commented by fuuki-no-botan at 2005-07-26 15:37
yukun:あのちょっとおっとりとした語り口で もう一度江戸の風俗を語ってもらいたかったのに・・・残念です
Commented by fuuki-no-botan at 2005-07-26 15:39
天竺堂さん:天竺さんのお薦めで「ごくらくちんみ」を読んだばかりでした
あの知識あーもったいない 惜しい人を失いました
Commented by fuuki-no-botan at 2005-07-26 15:40
ひだりちゃん:46歳だったそうです まだまだ若いーもったいないでした
Commented by fuuki-no-botan at 2005-07-26 15:42
cha2さん:「お江戸でござる」はベンジャミン伊東ファンなので(笑・古)
伊東四郎さんが出なくなってからは飛び飛びにしか見てませんでしたが
コントの細かなまちがいチェックが好きで感心して聞いていたものでした
Commented by fuuki-no-botan at 2005-07-26 15:43
かおちゃん:ショックだったよね・・・ものすごくもったいない 
まだ若かったのにねぇ
Commented by fuuki-no-botan at 2005-07-26 15:45
choyushiさん:ようこそ屋敷へ いらっしゃいまし♪
誰にでもわかりやすく 面白く江戸の市井の暮らし向きを解説されていました>お江戸でござる
まだ若かっただけに死が惜しまれます
Commented by fuuki-no-botan at 2005-07-26 15:47
aiたん:ほんとにね・・・江戸のことを心から好きだった感じが伝わってくるような解説でとっても面白く楽しみにしていたのですが残念です
Commented by fuuki-no-botan at 2005-07-26 15:49
kkei_10さん:あたしも漫画を書いてらした時代のことは知らなくて
お江戸でござるで解説をされていたのを観て すごく江戸のことに詳しいんだと毎回楽しみに見ていました
著書では最近「ごくらくちんみ」を読んだばかりでしたが 本当に惜しいです
Commented by fuuki-no-botan at 2005-07-26 15:50
antelope01さん:「百物語」でファンになった人も多いみたいですね
あたしはまだ読んだことがないので 追悼しながら読むことにします
Commented by fuuki-no-botan at 2005-07-26 15:52
うまこさん:本当に残念です 江戸の慣習なんかだけじゃなく食文化などにも
詳しい方でしたよね 旅立つにはまだ早かったような気がします
Commented by fuuki-no-botan at 2005-07-26 15:53
かおちゃん*2:>荒俣宏と半年だけ結婚
あたしも知らなかったからニュースでびっくり!結婚生活・・・うーん想像不可能
Commented by fuuki-no-botan at 2005-07-26 15:56
異邦人さん:>それでもイヤミにならなかったのは彼女の人徳かも
あのおーっとりとした語り口がもう聞けないと思うと残念でなりません
漫画家だったことは知らなかったんです 江戸風俗研究家だと思っていました
食通でもありましたよね
Commented by mini_robin at 2005-07-27 19:04
はじめまして。トラバありがとうございました。
最近急に着物に興味が出てきて、外国暮しでは身近でみる機会もないので、余計に気になっています。
そんなわけで、着物カテゴリーのページにはただただ感心…。特に5月4日の半襟と粋な帯の結び方の写真、しばらくじーっと眺めてしまいました。いいなあ、実物を見てみたいなあ。
Commented by LilaKimono at 2005-07-28 03:10
お出かけから戻って訃報を知って、愕然としました。
私は「お江戸でござる」は見ていなかったのですが、漫画を描いていた時代から大好きな人でした。
隠居されてからの本もずっと読んでいます。
占い師に「40代で亡くなるかも」と言われたことがあったとか。
残念でなりません。

でもきっと、次の輪廻では江戸のイナセな若衆とかに生れ変ってチャラチャラと雪駄を鳴らしながら人生を楽しまれるような気がします。
Commented by fuuki-no-botan at 2005-07-28 16:29
mini_robinさん:ようこそ屋敷へ!いらっしゃいまし♪海外住まいなんですね?
ここにはカナダや紐育・香港などのブロガーの皆さんが遊びにこられています
お着物好きなんですね^^ 最近はシーズン中なので野球の話題が多いですが^^;
着物でお出かけした時はポスト上げますので また遊びにいらしてくださいませ☆
Commented by fuuki-no-botan at 2005-07-28 16:31
りらさん:>江戸のイナセな若衆とかに生れ変ってチャラチャラと雪駄を鳴らしながら

ああ・・・本当に「江戸の粋」が似合う方でしたね~豊富な知識だけじゃなく
市井の楽しみをも知っていた方でした まだ40代ですよ 惜しかったです
Commented by ぼん吉 at 2005-07-28 23:13 x
TBありがとうございます。>ぼたんさん
興味の赴くまま、とにかく何でもかんでも首を突っ込んでは
抜けなくなるまでハマリ込んでいた人のようですね。杉浦さんは。
まだまだ遣り残した事があっただろうにと思うと、無念でなりません。
Commented by fuuki-no-botan at 2005-07-29 14:27
ぽん吉さん:ようこそ屋敷へ♪いらっしゃいまし^^
何事も浅く広く^^;のあたしには そんな風にのめり込めるタイプの人が羨ましい
杉浦さんの知識はハンパじゃなく本当に細かいところまで研究され尽くしていたような気がします 残念ですね(涙)
Commented by fuyuhime66 at 2005-08-01 01:47
おそくなりました。TrackBackありがとうございます。
ホント、こまかく研究されてましたよね。「一日江戸人」なんか
とても面白かったです。残念ですねぇ・・・。
これから、未読のものをぽつぽつ読んでいこうと思ってます。