お父さんの時給

amiamiさんの人魚姫のアジトにTバック穿きます 
時給150ドル とってもいい話だったので ご本人の承諾を受けて紹介しています

<以下 原文転載>

父は仕事で帰りが結構遅く、小学校1年生の息子は玄関の近くに父を待ってます。

息子:「ちょっと質問してもいい?」
父:「もちろん!なに?」
息子:「お父さんは時給いくらですか?」
父:「そんなことは関係ないけど、聞いてどうする?」
息子:「僕は知りたいだけだよ、教えて~~時給いくら?」
父はうるさいとおもって、答えたくないけど・・・
父:「そんなに知りたいなら、教えるよ。お父さん時給150ドル。」
息子はちょっと頭を下げて、
「じゃあ、100ドル貸していい?」
父はこの話を聞いて、頭にきてる。
「無意味のおもちゃを買うためなら、自分の部屋に反省しなさい。
お父さんは毎日会社で遅くまで仕事してるのに、
なんであなたは自分のことだけ考えるの?」

息子が泣きながら、自分の部屋に戻りました。

1時間経って、父は冷静に考えたら、
やはり子供はおもちゃ買うだけでそこまで聞かないと思う。
自分は怒りすぎかな・・・と。
そして、息子の部屋に入ってみた。

父:「もう寝ちゃったの?」
息子:「まだだよ。」
父:「お父さんはさっき疲れたから、言い過ぎた。ここはあなたがほしい100ドルだよ」

息子は喜んで起きて、
まくらの下に隠してる5個10ドルコインを出した。
息子はお金を持ってるのに、まだ自分にお金を借りたいかと思って、
父は爆発寸前・・・
息子はゆっくりで金を数えたら、お父さんを見てる。

父:「なんでお金を持ってるのに、まだお父さんに100ドルがほしいって言うの?」

息子:「前は足らないけど、今はもう足りたよ。
お父さん、僕はいま150ドルを持ってるから、お父さんの1時間を買ってもいいの?
明日はもうちょっと早めに帰って、一緒に晩御飯を食べたいよ。」


日常ただひたすらに走り続ける生活の中で 忘れそうになるいろんな事を
ちょっと足を緩めて 見つめ直してみようと思いました
[PR]

by fuuki-no-botan | 2005-02-19 10:13 | ひとりごと | Comments(25)

Commented by cooper2004 at 2005-02-19 12:30
米の話かな?だよねドルだもん(笑
米の子供らしい発想だなって思ったのと
お父さんのことが好きなんだなって伝わってくるねぇ
言われたお父さんはグッと来たと思う
Commented by amiami1029 at 2005-02-19 13:52
こんにちは。
転載していただき、ありがとうございます!

>Cooper2004
元々は中文ですので、台湾か中国の話かもしれません。
(その中文が元々英文でアメリカとかからの可能性も一応ありますがw)
自分がテキトーに訳しました。
ドルって言っても、ん~~「元」のことです。
Commented by cooper2004 at 2005-02-20 17:37
> amiami1029さん
なんと!中華の国かもしれないとは・・・
4000年の歴史侮りがたし( ̄□ ̄;)
Commented by utako at 2005-02-20 19:35 x
私、子どもがいないせいか、大人の気持ちより、つい子どもの気持ちになってしまいます。
怒られたとき、悲しかっただろうなあ。でもそれなのに、
素直にお父さんに自分の意見を伝えることができるなんて、すごい子だなあ。
世のお父さんたちは愛する家族のために働いているのに、
そのために家族と一緒の時間がないなんて、
ちょっと考えさせられますね。
Commented by ningyo-hime at 2005-02-20 21:56
こんばんは。
時間を買う。

忙しいというのは。
心を亡くすと言われているけれど。
つい<忙しい>と言ってしまいますね。

Commented by 寧音 at 2005-02-20 22:21 x
親は子供を育てる為に一生懸命に働く、
しかし子供と一緒の時間も欲しい…
きっと、この子は、親の気持ちも分かっていたのでは?

離れるる時間が長いほど、愛情が深まる…
親子でも恋人でも一緒かもしれませんね
Commented by かお at 2005-02-21 11:10 x
日々、娘に「ちょっと待っててね、これ終わってからね」
とさみしい思いをさせてるので、
ちょっとキューン、、、でした。
今日は帰ってムギューっとしてあげよう、、、。
Commented by 桂自然 at 2005-02-21 16:41 x
英語の時間に習った「賢者の贈り物」の話を思い出しました。えぇ、話じゃなぁ・・(涙)。
Commented by pegion at 2005-02-21 18:05
うわー、いい話です。
ちょっとキューンときました。
Commented by KanaTachibana at 2005-02-22 05:04
うわ~!これは涙のつぼです・・・(T T)どうして大人になると、こういう気持ちを忘れて変に勘ぐったり信じられなかったりするんでしょう。実は自分、この間も反省したばかり。信じてほしかったらまず、自分が信じなければ。いいお話でした。ありがとうございます。^^
Commented by fuuki-no-botan at 2005-02-22 14:52
くーぱーちゃん:でしょー?お父さんウルウルだよねー
でも忙しいお父さん多いから 結構当てはまる人いるんじゃないかな~
Commented by fuuki-no-botan at 2005-02-22 14:54
amiちゃん:素敵な話をありがとう うちは子供がないのでこの話を
夫に変えたり両親に変えたりして考えてみると 忙しさのあまり
ついついないがしろにしてなかったかな?とか寂しい思いをさせたり
してるんじゃないかな?とか いろいろ考えるいいきっかけになりました
Commented by fuuki-no-botan at 2005-02-22 14:57
utakoさん:そうなんですよね~家族のために働いているのに
一緒に居られない家族は寂しい・・・どこかのCMじゃないけれど
「モノより思い出」 がむしゃらに働き続けることも 少しは考え直さなきゃ
いけないのかもしれないね
Commented by fuuki-no-botan at 2005-02-22 14:59
ningyo-himeさん:ホントに忙しいと”心を亡くす” 確かに忙しいときも
あるけれど 年に数回はきちんと休みを取って家族とゆっくり過ごすとか
休みの取り方がヘタな日本人からは卒業しなければ!と思います
Commented by fuuki-no-botan at 2005-02-22 15:01
寧音さん:うん家族はみんなわかってるんですよね 頭では
日ごろ一緒に居られない分 一緒に過ごす時の過ごし方を考えて
有意義に時間をつかわなくちゃいけませんねー
Commented by fuuki-no-botan at 2005-02-22 15:03
かおちゃん:そうそう大切なのは そのムギューなのよ
ずーっと一緒に居るからいいってわけでもないので 一緒に居られる
時間をどう過ごすか?で良好な親子関係は保たれると思うし
Commented by fuuki-no-botan at 2005-02-22 15:05
桂のアニキ:ほんとにねー忙しいばかりの日ごろの生活を ちょっと
見直してみようと思いましたモン
Commented by fuuki-no-botan at 2005-02-22 15:07
pegionさん:うんキューンってするね>はあとが
こう言うことをきちんと言える子供もいいし 頭ごなしに叱ったことを
反省する父もいい あーエエ話や・・・
Commented by fuuki-no-botan at 2005-02-22 15:14
KanaTachibanaさん:そうそう でもつい自分に余裕がないと
すぐ疑ってかかったりしがちですもんね~日々精進です^^;
Commented at 2005-02-23 13:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fuuki-no-botan at 2005-02-23 13:12
鍵さん:了解♪全然かまいませんよ~^^v
Commented by 1o0 at 2005-02-23 19:34
アメリカ…というかヨーロッパは「まず家族!」という考えがありますからね(´▽`)
「仕事でパーティにも出ない夫」は離婚時に不利になるとか…(^^;
この精神、日本にも欲しいですね~(><; たまには早く帰りたい(^^;
Commented by orchidvillage at 2005-02-25 11:40
良いお話ですね、グッときました。
お父さんは幸せです。
もう一度息子と話をして良かった!
聞いて上げない親が多いのでこんな話は沢山の人に聞かせて上げたいですね。
Commented by fuuki-no-botan at 2005-02-27 14:03
1o0さん:そうですよねー日本は「まず仕事!」ですものね
(と偽って遊んでいるおやぢ達もいるんだが<笑>)
家族って人間関係の基本だと思うので やっぱり大切にしなくっちゃ
たまには早く帰ってあげてください~~
Commented by fuuki-no-botan at 2005-02-27 14:06
orchidvillageさん:小さい頃に子供とちゃんと話をしない親とは
大切な思春期から大人にかけて 子供も話をしなくなると思うんです
どっちが投げてもきちんと返すんじゃないと愛情のキャッチボールには
ならないですもんね~