着物の決まりごと

熊本の着物仲間 粋恋亭の主宰者寧音さんが
ご自身のHP「朝顔の間」で書かれていたエッセイの中の
「正しい着付けって何?」に共感した事柄について書きます

着物に目覚めて間もなくのころ まだ独学で着物を身に纏い
悪戦苦闘していたあたしにとって参考となる本は 茶道関係の教則本や
「美しいキ○ノ」や「き○のサロン」と言った
正統派ゴージャス志向の本しかなく 
それらには一様に 着物着用の際は白衿・白足袋が原則で
ピアスやマニキュアなどもってのほか と書かれていたものだった
他に手本とする本もなく そのころは周りに着物を常着にする人も
殆ど居なくなっていたので ただひたすらに書いてあることを信じて
間違いがないようにと 細心の注意を払って着ていた着物は
とっても気疲れのするものだった

そんな時期に 勤めていた会社の創立90周年のパーティーが
某ホテルで開催されることになり その勤務先がアパレルの卸会社であった
にもかかわらず総務部所属の女子社員は受付・案内などの役を担うため
”会場が華やかで格が上がるように”
できるだけ着物を着てくるようにとの要請がなされた
それは会社の前身が呉服卸だったことへのこだわりであったかも知れない

さて ちょっぴり着物に興味が出てきたとは言え まだ人様の前には
着て出られるほど 着付けにも自信はなく
ましてや何をどう組み合わせて着て行ったら良いのかもわからず
こんな時に唯一相談できるのは 実家で同居していた伯母ひとりだけ
伯母はすぐさま母の箪笥をチェックし あたしに似合いそうな
付け下げと袋帯(その当時のあたしは名古屋帯と袋帯の違いすら
わからないレベルだった^^;)を取り出し それに合いそうな小物を
スイスイとコーディネートし始めた

伯母が選んでくれた小物は 派手な刺繍半衿であったし
「この色に合うようなマニキュアは持っとーね?」と聞き
「ぶら下がるとはいかんけど 光るピアスが華やかで良かよ☆」と
アドバイスをしてくれた
「え゛ーーーーっ!!衿は白じゃなからんといかんちゃない?」
「ピアスやらしたらいかんちゃない?」と こぼれ落ちんばかりに
目を見開いて質問するあたしに一言

「誰が決めたとね?そげんこと」

その時に伯母が説明してくれたのは そのパーティーの前に
記念式典が厳かに行われるようであれば 白衿・白足袋が好ましいことや
お茶席などでは器に傷が付くかもしれないという明確な理由があるので
指輪ははずすこと などを教えてくれた上で
普通のパーティーではそげん堅苦しく考えんでお洒落しても良かとよーと
にこにこして言ったのでした

伯母は大正7年の生まれなので 戦前はずっと着物が常着であった世代
「娘の頃は着物にブローチを付けたり ハイカラなカチューシャで髪を
纏めたりしたものよー♪」と なんとも自由にお洒落に
着物を楽しんでいたらしい 何しろ袴にブーツを履くいわゆる
ハイカラさんと呼ばれた本物の世代だ

そしてこの世代の人たちは 失礼なお直しおばさんではなく
とても寛容な目であたし達を見守り そして必要に応じてアドバイスをし
暖かく新着物世代を育ててくれている

ここ数年 着物を新しいファッションアイテムのひとつの選択肢として捉えて
自由に着こなす人たちも増え そんな時代に添った着物関係の本も
たくさん出回るようになってきた 
それに伴って最低限の着物の決まりごとがわからないまま 
場にそぐわない着こなしをしている人を見かけることも少なくない 
これはとても損なことだし ちょっと残念な傾向
「好きなものをお洒落に着て 何がいけないの?」と
言いたいかもしれないけれど 独りよがりでは通用しないこともある

冒頭で紹介した寧音さんのエッセイの中で とってもわかりやすく
表現されているな~と思ったのが 
先様のメンツが絡む礼装(冠婚葬祭や茶道など)
このように 主催者・招待した側の立場や会の趣旨によっては
自分の着たい着物より 相手に対して失礼がない着物であることが
最優先になる場がある 
特に式と名の付くところに出るときは
それ相応の礼を尽くした装いで出席する これは洋服でも同じこと
叙勲の披露や結婚式に招待されれば 男性ならタキシードであったり
女性ならゴージャスなドレスであったりするのが礼儀

着物をあたらしく日常の生活の中に取り入れて 楽しんで行こうとしている
新着物世代のあたしも こう言った最低限のルールをきちんと学んだ上で
自由で豊かな着物ライフを送りたいと思っているので
同じく新着物世代の人たちも こんな決まりごとを学ぶことの大切さも
忘れないでいて欲しいし
着物のスペシャリスト(と思い込んでいる頭のカタイ人々含む)の方々も
目くじら立てずに 暖かいまなざしで見守って下さることを願っています
[PR]

by fuuki-no-botan | 2005-01-22 18:31 | 着物への想い | Comments(39)

Commented by yukun45 at 2005-01-22 19:06
着る物が好きな僕にとっては、感動のエッセイ!!
やはりTPOというのも大切ですが、それを知った上での粋な着こなしっていうのはいいっすね。
そういえば、先日、皮の帯とか写真がプリントしてある帯とかみました。
あ〜こんな物もでてきてしまうくらい着物も普及してきたのだな〜って思いましたですよ。自分もちょっと着物着てみたいな〜って最近思いますです。
Commented by 鬢ちゃん at 2005-01-22 21:41 x
本当に、基本とはどっからどこまでなのか、自分の中で着物の基本が
まったく見えて来ない、洋装だと熱く語れるが、最初にシンプルに着てればいいが、周囲の環境で着物の基本はかなり変わってくると最近、特に
おもってます。呉服屋さんの古い体質がまず間違ってるし、かといって
何でも有りのコスプレもチョット、自分の基本をどこに置くか、かな  
Commented by 55aiai at 2005-01-23 00:37
伯母様ステキですね。そういう柔軟な考えのもとに伝統を伝えるってとっても大切なことだと思います。
最近は本当に様々ですもんね。マツケンもすごい着物着てますし(笑)。
Commented by green_dori at 2005-01-23 04:15
ホンモノのハイカラさんだ!ホントに粋に着こなしてらっしゃったんでしょうねぇ、伯母さま。そんなセンスを持ったおしゃれの心を忘れないおばあちゃんに私もなりたいなぁ。
私ももっと堅苦しいものだと思ってました。伝統っていう言葉がつくものってどうしても「重いルール」があると思い込んでしまいがちですよね。これを読んで実家に眠っている振袖を思い出しました。帰ったら着ようかなぁ(ってこの歳で振袖…いいのかなぁ?)
Commented by 寧音 at 2005-01-23 08:37 x
 当サイトをご紹介いただき、姐さんありがとうm(_ _)m

拙いエッセイではございますが、これから着物に挑戦する皆さんが、楽しく着こなしていただけるように自分が遭遇してきた『痛い目』を交えながら、一生懸命書いてます。

 着物って、ファッションです。洋服と同じように、大事なのは『慣れた着こなし』です。
 どうぞ皆さん、みんなで楽しみながら『着慣れた人』になりましょう!

追伸
 次回のエッセイは『結婚披露宴に招待されたら(寧音的)』を近日アップ予定してます。礼装に興味のある方はお楽しみに…。
Commented by nice68 at 2005-01-23 11:52
良いお話です!!!
特に年を重ねるにあたって こういうものを着なくては、、とブランドで身を固めた人に 自覚持って読んでほしい気がします。
おしゃれは自分が気持ちよく自由であれば良いのですが
TPOに応じる事は大事な事で それも文化だということを伝えていく必要がありますね。
Commented by yamamotoyk at 2005-01-23 15:12
最近若い人がだんだんファッショナブルに着物を着こなしはじめたんで、
ちょっとうれしい♪
戦争のせいですてきな着物のファッション伝統がとぎれたのがさみしい・・・
ボタン姐のおばさまステキです♪
Commented by piccolo0331 at 2005-01-23 20:20
ぼたんさん、上手く言えないのですが、ジーンときてしまいました。
ぼたんさんの伯母様は本当のお洒落を知って見に付けていて、ぼたんさんにきちんと教えて下さっている、って感じました。
ぼたんさんも、ぼたんさんの周りの方も、素敵な方ばかり(うっとり)

粋恋亭「朝顔の間」(のみならず思わず全部)拝読しました。引き込まれるように。また目の前に明かりが灯って、キモノ道が少し楽に楽しく歩けるようです。

TPOをわきまえた上で、お洒落を楽しんでいきたいです。
Commented by ずず at 2005-01-23 22:43 x
最近伝統芸能関連のお稽古を始めたばかりなので
いろいろとんでもないことをして、
師匠はじめ先輩方々の苦笑をかっとります。
そのあたりのケジメをいまさらながら勉強中です^^
Commented by antelope01 at 2005-01-24 10:29
こんにちは。。
思わず「うんうん」と声出して頷きました・笑。
着物着るのに堅苦しく考える必要はないけど、ちょっとした気配りがあると、もっとぐっと素敵に着こなせるようになりますよね。
粋恋亭さんの素敵なエッセイご紹介して頂けて、これまたとても嬉しかったです。
朝から素敵な気持になれました。ありがと。。
Commented by fuuki-no-botan at 2005-01-24 11:15
yukun:良かった良かった 喜んでもらえて♪
着物好きな人って 元々洋服も好きな人が多いので共感できる部分は
多いかもね~あたしも洋服大好きでしたし
あと面白いのは 洋服の時に靴が好きだった人はやっぱり草履や下駄に凝るし 下着が好きだった人は長襦袢やステテコや褌にこだわる人が多いよ
Commented by fuuki-no-botan at 2005-01-24 11:18
鬢ちゃん:自分がどの場面で一番着物を着るのかを基準にすればいいと思います 普段家で生活をする時に着ることが多ければ 手入れが簡単なウールや綿が重宝だし ちょっとおしゃれで街着にしたいなら紬系にして小物で洒落るか 一張羅はめったに着る機会がなければ一式で充分だし
Commented by fuuki-no-botan at 2005-01-24 11:21
aiaiさん:>マツケンもすごい着物着てますし
金衿・金足袋ですからね(笑)草履の鼻緒も金だったし 角帯にはずらーっとラインストーンがはめ込んであるし~
Commented by fuuki-no-botan at 2005-01-24 11:25
doriちゃん:そうなのよ~あたしも最初は堅苦しく考えすぎていて やや重荷に感じることもあったけど 伯母の言葉を聴いた瞬間”目からウロコ”えっ?そんなんもアリなの~ってものすごく気が楽になりました それからは普段着に関しては なんでもOKです♪
振袖いいんじゃな~い?海外のパーティーではむしろ普通の訪問着なんかよりもゴージャスなので喜ばれること多し!
Commented by fuuki-no-botan at 2005-01-24 11:27
寧音さん:どういたしまして♪あたし達だって結構痛い目に遭ってきてるし ハンパじゃない授業料も払ってきてるモンね~>暗い過去
Commented by fuuki-no-botan at 2005-01-24 11:31
niceさん:そうなのよね~堅苦しく考える必要はないんだけど文化としてマナーとして伝えていかなきゃいけないこともあると思うの あたし達洋服のことでは きちんとした結婚式にジャージで出席したりしないこととかが常識としてわかってるじゃない?それと同じくらいの知識は必要なんじゃないかと思うのよ どうせ着るならかっこ良く着たいじゃないー着物も洋服も!
Commented by fuuki-no-botan at 2005-01-24 11:36
yamamotoykさん:ほんとにそうですね ファッションとしての着物の文化や生活の豊かな習慣が戦争を挟んでぷっつりと途絶えてしまっているのはとても残念です アメリカ文化に傾倒しなんでもかんでもクイック&イージーになってしまって 手間のかかることや一見ムダとも思われるような良いものがどんどん廃れてしまっていますよね 猛スピードで進んで行く現代社会の中でも ちょっと足を緩めて考えてみたいことが多々あります
Commented by fuuki-no-botan at 2005-01-24 11:39
ぴっころさん:>キモノ道が少し楽に楽しく
良かったです^^v 着物も着るものですものねーつい何十年か前まではみんな着物で生活していたんですもの 毎日堅苦しかった訳ないじゃん と伯母の一言はとっても嬉しかったのでした
Commented by fuuki-no-botan at 2005-01-24 11:41
ずずさん:いやいや^^;あたしも伝統芸能系のしきたりや作法には全然詳しくないので 顔から火が出そうな思いはいっぱいしてますよ~日々精進ナリ
Commented by fuuki-no-botan at 2005-01-24 11:44
antelope01さん:そうそう 「守らなくちゃいけない・学ばなくちゃいけない」とガチガチに考えるんじゃなくて ちょっと知っているだけで素敵さが増すんだと思えば苦にならないよね~楽しみながら素敵になりましょ♪
Commented by utako at 2005-01-24 19:19 x
ぼたんさんの話、納得しながら読みました。
私も襟も足袋も白じゃなくていいんだと知ったときは本当にびっくりして、世界がぱぁ〜っと広がりました(笑)。
そこで遊べるので飽きないんじゃないのかな。おかげで今毎日がすごく楽しいです。
でも、やっぱり何かちゃんとした席では、私も大人として恥ずかしくない着方をしたいと思っています。
でもそれは私が年をとって精神的に落ち着いてきたせいであって、もしあと10歳若かったら何にも気にしてないかも(笑)。
実は20代〜30代前半なら少々逸脱してもいいんじゃないかなと思っています。
まあ、若い時は決まり亊きらいなんだけど、決めごとを守る着方も愉しみがありますよね。
年を取ると、それがわかっていくのかなと思います。
Commented by 寧音 at 2005-01-24 21:51 x
上で告知している「礼装」エッセイを明日アップします。
普段着もいいけど、礼装も実は楽しいのですよ(^-^)
(あの、決まり事に縛られてる、えもいわれぬ感覚がいいのよ~。うふふ。マゾチック…)

追伸 
遅くなりましたが、拙サイトで貴ブログをリンクさせていただいてもいいですか?
Commented by pinkyj211 at 2005-01-25 01:51
そうですね~、ファッションって決まりがあって、実はないですよね。
たのしくきるのが一番で、また、どんどんあたらしいアイデアを出していかないとすたれてしまう。
とくに、お着物は、お値段が高いし、また着るのも大変だから、着る人がだんだん減ってきているじゃないですか。
こうやって、あたらしいアイデアで着ていったら、今の若い子たちも興味をもってくれると思います。
Commented by LilaKimono at 2005-01-25 07:31
すっかり出遅れ~!!
本当に、その通りだと思います。
お呼ばれの際なんかは、主宰者側や他の参加者の方への気遣いは必要だと思いますけど、お遊びに着る分には自分の感覚で良いんですよね。
その上で、他の方の着姿を見たり、本を参考にしたりすると、取り合わせの合う合わない、個人的な好みなどが色々出て来るんだと思います。

最初に決まりごとを知る、というのは大事な事だと私も思います。
Commented by fuuki-no-botan at 2005-01-25 10:41
utakoさん:若いときは怖いものもないし 回りも”まぁ~若いんだから”と言うことで大目に見てくれるところがあるので そのお目こぼしがある内にいろんな事を知識として頭に入れておくといいなぁ~と思うんです
一番辛いのは ある程度の年齢を過ぎるとまわりが誰も注意してくれず 教えてもくれず ただ冷たい視線だけ浴びてしまうことになってしまうこと これは悲しいです
Commented by fuuki-no-botan at 2005-01-25 10:44
寧音さん:礼装考 早速読ませていただきました
若い頃はしきたりとか堅苦しくて面倒なだけと思っていましたが それが生活をする上で理にかなっていたり 人間関係を円滑にするものだったりすることがわかるようになってからは結構楽しみながら覚えるコツを掴んだような気がします 年取っただけ?!(笑)

こんなブログでよかったらリンクOKです 但し3月になったらホークスネタが増えますが(笑)
Commented by fuuki-no-botan at 2005-01-25 10:46
pinkyちゃん:最近の若い着物世代はセンスいいわよ~オリジナルな着こなしも難なくやってのける
なので更なるステップアップを目指して 基本を押さえるといいな~と思ってるの
Commented by fuuki-no-botan at 2005-01-25 10:51
りらさん:そーよ!そーよ!お遊びならなんでもアリで良いのよ♪着物の不思議さって同じ着物を同じコーディネートで着ても 着る人が違うと全然別のものになってしまうこと 洋服じゃサイズの問題があったりするからなかなか比べっことか出来ないけど 着物なら出来ちゃう

あ・・・近々そんなオフ会を企画しよっかな?
「なりきり企画”あなたも○○さんになれる”オフ会」
Commented by 寧音 at 2005-01-25 12:43 x
リンクのご了解、ありがとうございますm(_ _)m
(私もホークスファンなので、野球ネタ大歓迎!) 

さて、拙エッセイについて。
本当に、礼装は人との関係を円滑にする油のようなものですね。決まり事も時代によって変わっていきますが、要は「相手を思いやる心」だと思ってます。大切な友人の結婚式だから、ちゃんとしていこう…なんてね。

なりきりオフ、私も参加~!!(私 黒繻子掛襟で町娘がいいです~。これはもうコスプレ?)
Commented by cooper2004 at 2005-01-25 15:35
粋な叔母ちゃんでよかねー
失礼ながらご高齢でも遊び心を忘れないところに
ほんとうのお洒落を感じたぶわ~い
Commented by mintchocolatexx01 at 2005-01-25 23:32
ちょっと体調が悪くコメント遅くなりました。
お二人の考えには頷くことばかりです。
こういうしっかりした仲間が傍にいるからこそ、楽しく気楽に
着物ライフができているのだな、と感謝しきりです。
TBさせて戴きました。
Commented by fuuki-no-botan at 2005-01-26 14:22
寧音さん:なりきり企画「”あなたも○○さんになれる”オフ会」
(別称:自前で二幸荘<笑>) 真剣に計画しましょうか?
Commented by fuuki-no-botan at 2005-01-26 14:25
くーぱーちゃん:うん うちの伯母は終戦後に戦争未亡人となったため
自活の道を切り拓くべく単身アメリカ留学をし 
帰国後は西洋料理の教鞭を取っていた とてもパワフルな女性です
丙午の跳ねっかえりと本人は言っていますが
Commented by fuuki-no-botan at 2005-01-26 14:29
myauちゃん:なにをおっしゃいますやら~(照)myauちゃんの豊富な
知識にはいつも尊敬のまなざしです(じーっ)仕事人ならさしずめ
「目利きのmyau」 あたしは「酔いどれ牡丹}(笑)無芸大食ならぬ
無芸鯨飲?!
Commented by 寧音 at 2005-01-26 18:38 x
そうかあ、「二幸荘」って手がありましたね~!!
マジで企画しましょ。「着物でカレーオフ」の後あたりに…。

<解説>二幸荘
大分に存在する、ありとあらゆる扮装をさせてくれる
マジで楽しい温泉宿な~り~
Commented by ずず at 2005-01-26 22:22 x
二幸荘いきたーいヽ(´ー`)ノ
Commented by fuuki-no-botan at 2005-01-27 16:59
寧音さん:前回行き損ねたあたしは ぜひともリベンジしたいところです!
Commented by fuuki-no-botan at 2005-01-27 17:00
ずずさん:んじゃ あたしたちの二幸荘行きに合わせて来博しませんか?
Commented by orchidvillage at 2005-02-01 12:18
お若い方の着物好き、嬉しい限りですね。
拘らず、大事に着こなして頂きたいものです。
私も自分なりに着こなして?いるのです、着付けを習った事も無く
好きで勝手に着ております。
それでも素敵だと褒められる事もあります。(笑)