笑えない話

仕事柄 いわゆる”痴ほう症”と診断された高齢者の方々と接する機会が多いのですが
昨日 こんなニュースがありました
まさかりで夫殴られ重体 「浮気している」と82歳妻
(Excite エキサイト : 社会ニュースより)
断定されたわけではないのですが 初期の痴ほう症によく見られる嫉妬妄想のようです

80歳夫が浮気?!(今でも まだ立つんかいっ!)とか
まさかりってあの金太郎の?!(今どき まだあったんかいっ!)とか 
ちょっとびっくりなニュースでしたが・・・

2.3年前から この症状が出ていたようなので 家族に少しでも痴ほう症の知識があり
もう少し早く病院に連れて行っていたら こんな悲劇は起こらなかったであろうにと思うと
残念でなりません
[PR]

by fuuki-no-botan | 2004-11-18 16:30 | 生活 | Comments(14)

Commented by harumisan at 2004-11-18 17:15
こんにちは!嫉妬妄想っていうのがあるんですねぇ。若い頃はさぞかし
ジェラシーちゃんだったのかしら。
>80歳夫が浮気?!(今でも まだ立つんかいっ!)とか
>まさかりってあの金太郎の?!(今どき まだあったんかいっ!)とか
爆笑!&同感です。 
Commented by tabasamum at 2004-11-18 23:30
私もこのニュースの冒頭、82歳の妻が80歳の夫の浮気を疑って、鉞で…って聞いた時には同じ事考えましたよ。
痴呆は家族もなかなか判別しにくいと聞きますよね。
私などもの忘れが激しいので、ボケても判ってもらえないかもー。しかも妄想癖もちょっと…。すでに痴呆か?
Commented by pinkyj211 at 2004-11-19 04:27
嫉妬妄想・・しかも82歳・・。
むかし、さぞかし、このご主人はお遊びになったのでは・・・
でも・・ボケって・・なおるんですか?
Commented by LilaKimono at 2004-11-19 07:50
なんだか、悲しい事件ですね。
自分がボケるかどうかなんて誰にも分らないし、どんな風にボケるのかというのも、誰にも分らない。
嫉妬妄想、本人が一番地獄なんだと思います。
Commented by fuuki-no-botan at 2004-11-19 09:11
harumisanさん:確かに若い頃におじいちゃんがやんちゃで さんざん泣かされて
こういった症状が出る人もいますね
Commented by fuuki-no-botan at 2004-11-19 09:14
ひだりちゃん:痴ほう症の症状にはさまざまなものがあるので なかなかわかりにくかったりします
特に家族の場合は 身内がそうなってしまうことを認めたくない心理も働くので
発見が遅れがちです 40過ぎたら定期的に脳ドックにかかるとか そういった
予防策も有効です ってひだりちゃん若年性にしてもまだ早いよっ!
Commented by fuuki-no-botan at 2004-11-19 09:19
pinkyちゃん:ボケにも大きく分けて2つのものがあって 脳血管障害性痴ほうは
脳梗塞などで脳細胞が死滅し 一時的に痴ほうの症状が出るけれど直ったり
予防をすることが可能ですが
アルツハイマー型痴ほうは残念ながら現在の医学では直りません
脳細胞が次々と死滅していくのですが 原因がまだよくわからないのです
病気の進行を止めることはできないけれど 投薬や生活環境などで進行を遅らせることは
ある程度できますが・・・堅い話ですいません
Commented by fuuki-no-botan at 2004-11-19 09:31
りらさん:痴ほうは本人の自覚がないまま進行していく病気なので 家族や
周りの人たちが気をつけておかないと 知らない間に悪化していることがよくあるんです
そして例えばヘビースモーカーが肺ガンになりやすいとか 大酒のみが肝臓をやられるとか
そういった因果関係が見当たらないため 誰にでもなりうる可能性がある病気でもあります
Commented by hirokichi_fire at 2004-11-19 09:46
一緒にゲートボールしたり、話をしてるだけで浮気と思ってしまったんでしょうかね。
Commented by fuuki-no-botan at 2004-11-19 09:53
ひろきちさん:それが引き金になって妄想はひろがって行くのね
少しずつ普通ではなくなっていく自分が 見捨てられるんじゃないかって不安感が
そう思わせたのかもしれません
Commented by mangoheart at 2004-11-19 10:19
実は父がちょっと心配な今日この頃・・・まだ60なんですけど、離れてると心配だなーと思います。
Commented by fuuki-no-botan at 2004-11-22 15:02
mangoheartさん:現在の医学は日進月歩です 良い薬も良い器械の開発も
目覚しいものがあります 実父(72歳)もパーキンソン病という難病に冒されていますが
希望を捨てずに頑張っています 離れて暮らしているとなかなか親孝行もできにくいけど
想いはいつも伝わっていますよ きっと☆
Commented by 桂天然 at 2004-11-24 01:51 x
新聞に「ものわすれ症」と呼び名が変わるとありましたぞ。
Commented by fuuki-no-botan at 2004-11-25 09:25
桂のアニキ:そうなの”痴呆”って漢字でみると 
認知・認識能力が著しく欠けてる風に感じるのでやめようと言う方向に来ています
実際には近時記憶の障害だけで 特別精神障害になったわけではないので
ものわすれ症の方が正しいかも・・・でももうちょっと良い呼び名はないのかなぁ~